リアルタイムアナライザー

リアルタイムアナライザーは、サイン、サインショット等の応答波形や、ホワイトノイズの周波数特性などをリアルタイムに観察するツールです。

リアルタイムアナライザーを開くには、メインウィンドウのツールメニューから、「リアルタイムアナライザー」を選択します。



リアルタイムアナライザー外観


ウィンドウのリサイズは自由に行う事が出来ます。
上下グラフの中段のパネルをマウスグリッドすると、波形グラフ・F特グラフのサイズ比を変更する事が出来ます。
リアルタイムアナライザーは、ほとんどの設定を測定中に変更する事が出来ます。

操作一覧


パネル1
出力波形の設定、
測定の開始・停止関連

開始

測定を開始します。

停止

測定を停止します。
停止ボタンの上をマウスで右クリックするとメニューが開き、数秒遅らせた終了を行う事が出来ます。
これは、マイクにマウスの操作音が混入し波形を変えてしまう事を防ぐための機能です。

測定波形

測定波形を選択します。
サイン、サインショット、ガウスショット、インパルス、ホワイトノイズ、ピンクノイズの中から選択します。

周波数

サイン・サインショットの波形周波数を設定します。周波数数値を直接キー入力する事も出来ます。
サンプリングレート限界以上の周波数を指定した場合、上限の周波数が適用されます。
FFTグラフ上をマウス左クリックする事で周波数を設定する事も出来ます。

標準配置

リサイズしたウィンドウをデフォルトのサイズに戻します。


パネル2
波形グラフ表示関連

スクロール

波形グラフに、入力レベルをスクロールして表示します。

自動同期

波形グラフに、オシロ風の波形表示を行います。入力波形の周波数を自動的に解析して適切な幅で表示します。
外部の音声ソースを利用する場合に使います。

固定同期

波形グラフに、オシロ風の波形表示を行います。
パネル1で設定している周波数に適切な幅で表示します。

cycle数選択

自動同期・固定同期表示の場合に、波形の表示幅を周波数の周期数で指定します。

パネル部分

マウス左ボタンでグリッドすると、波形グラフとFFTグラフ高さの比率を変える事が出来ます。


パネル3
F特グラフ表示関連

レンジ

F特グラフのdB軸表示範囲を設定します。

シフト

F特グラフのdB軸の表示シフト量を設定します。

FFTサイズ

F特グラフのFFTサイズを設定します。
サイズを大きくするほど、低域まで周波数軸を細かく解析出来ますが、表示速度は遅くなります。

メイン

最新のF特解析結果を表示します(黒)。

ピーク

測定開始からのF特最大レベルを表示します(赤)。
測定中にOFF/ONを行うと、リセットされます。

平均
加算数選択

FFT解析を指定の回数行った結果を表示します(青)。
測定中にOFF/ONを行うと、リセットされます。
加算数選択は、平均を行う回数を選択します。totalを選択すると、測定開始以降のトータルの平均を表示します。

+3dB/oct

チェックを入れると、解析結果を+3dB/octにハイ上がりに補正して表示します。
ピンクノイズのF特表示を行う場合に使用します。


パネル4
デバイス設定関連
終了

出力デバイス

波形出力デバイスを選択します。
MySpeakerメイン画面と同じデバイスでよい場合は、"WAVE_MAPPER"を選択します。

入力デバイス

波形入力デバイスを選択します。
MySpeakerメイン画面と同じデバイスでよい場合は、"WAVE_MAPPER"を選択します。

レート・ビット・チャンネル

入出力のデバイスのレート、ビット、チャンネルを指定します。入出力両方に適用されます。
デバイスが対応していない設定を行うと、測定は出来ません。

閉じる

リアルタイムアナライザーを終了し、MySpeakerメイン画面に戻ります。

その他

FFTグラフ部

グラフ上の任意の周波数位置で左クリックを行う事により、出力信号の周波数を変更します。

波形/FFTグラフ部

グラフを右クリックするとメニューが開き、表示中の画像をペイントで開いたり、クリップボードに
コピーする事が出来ます。




操作例:サインショット応答波形の観察
1.測定波形を「サイン」に指定します。
2.固定同期をクリックして選択します。
3.観察したいサインショット周波数を選択します。
4.開始ボタンで測定を開始します。
5.cycle指定を調節し、波形表示のサイクル数を望みの体裁になるように調整します(下の例は6サイクルです)。



リアルタイムアナライザーについての備考

リアルタイムアナライザーはMySpeaker本来に比べ、リアルタイム性・柔軟性に利点があります。
表示を画面いっぱいに広げて見やすくし、ディスプレーを離れて観察しながら、スピーカーのセッティングを行う、といった使い方が出来ます。

・波形表示設定について
サイン波、サインショット、ガウスショット、インパルスでは、「固定同期」を指定すると波形が良く観察出来ます。
外部の信号音等を波形表示したい場合には、「自動同期」を指定して下さい。一番強い周期成分を基準に波形を表示します。

・周波数特性表示について
サインショット・ガウスショット・インパルスは、波形表示を想定した信号音になっており、周波数表示にはあまり意味がありません。
ピンクノイズの測定を行う場合には、「+3dB/oct」にチェックを入れる事で、システムの特性を評価できます。

・デバイス設定について
ビット・チャンネルの設定は16bit/monoを推奨します。24ビット・32ビットやStereoを選択しても、解析結果には殆ど影響しないわりに、処理は重たくなります。サンプリングレートは高く設定するほど、高域まで測定可能、サウンドボードやマイクの限界まで活用する事が出来ます。

リアルタイムアナライザーの信号音について...
<ピンクノイズ>
リアルタイムアナライザーで使用する信号音は、MySpeaker本体で使用する信号音とは異なり、リアルタイムに生成されます。MySpeaker本体のピンクノイズ信号は、一旦ホワイトノイズを生成し、これをFIRフィルターで-3dB/octにEQしたものです.。これに対してリアルタイムアナライザーのピンクノイズは、リアルタイムに簡便な方法で生成しています。このため信号音自体のF特に若干の凸凹が出ます。
<ガウスショット>
作者思いつきの信号波形です。プラス方向に山が1つだけある波形で、正規分布関数の形になっています。用途としては、サインショットと同等で、時間軸の歪、トランジェントの具合を観察する事を想定しています。サインショットは波形の最初と最後にパルシブな成分があり、これが振動板を叩いてしまい応答波形に現れます。ガウスショットは波形の裾がなだらかで、F特的には高域側はカットオフされています。振動板のダンピングの観察に良いかなあ、と思う次第です。




MySpeaker RealTimerAnalyzerについて...
リアルタイムアナライザーは、MySpeakerと独立したプログラム(exeファイル)となっていますが、MySpeakerの使用許諾条件に含まれるものとします。
リアルタイムアナライザー実行ファイル単独での再配布は行わないで下さい。


MySpeker RealTimeAnalizer Copyright(C) Bachagi.h
MySpeaker Copyright(C) Bachagi,h