葉のうらおもては?
 葉は2列になって、たがいちがいに出ています。
 写真ではわからないかもしれませんから、実物のアヤメ科の葉を手にとって見てください。
葉のうらおもてがわからないはずです。うらとおもてが非常によく似ているためでしょうか?
 いいえ、両方ともうらなのです。よくよく見ると、ずいぶん変わっているんですね。ちょっと見ただけでは気づかないのは、あたりまえです。

  

 1枚の葉が、折り紙を折るように内側に折られ、おもて面どうしがくっついてしまったのです。だから、外側はどちらもうら面になるわけです。
 こういう葉を単面葉(たんめんよう)といいます。
 右の写真では、外がわの葉が内側の葉をはさんでいるのがわかります。
 シャガの葉は、細長い1枚の葉が中央脈を谷にして内側に折りたたまれたものなのです。下の図を参考にしてください。
 自然というのは、どうも信じられないようなことが起こるのですね。

  

 葉の進化
 表は、内側にしまいこまれてしまいました。
 だから、表面に出ている面は、すべて裏なのです。
上の写真を見ると、葉の基部が内側の葉をはさんでいるようすがわかります。
それでも、葉がしなったとき、上を向いた方を仮の表としましょう。
気孔の数は、仮の裏のほうが多いようです。
 中核単子葉植物の葉の形は、しだいに幅がせまく長くなっていきます。
 次に出てくるヒガンバナ科やネギ科、ヒヤシンス科、スズラン科などのなかまの葉形はは、線形といって非常に細くて長い葉になります。
 細く長く、そして、本数を多くすることによって葉の合計の表面積を増やし、光合成の効率を上げています。

  

 子房は下位
 花茎が枝からわかれるところから包葉につつまれ、ちょっと見ただけでは、子房の位置(いち)がわかりません。
 花の基部は包葉の中にほそながくのび、そのさきに小さい子房がついています。したがって、子房下位ということになります。