参考文献

 「アントニオ猪木自伝 新・燃えよ闘魂」 猪木寛至著 (東京スポーツ新聞社)

 「最後に勝つ負け方を知っておけ」 アントニオ猪木著 (青春出版社)

 「男の帝王学」 アントニオ猪木著 (ワニブックス)

 「闘魂記」 アントニオ猪木著 (集英社)

 「たったひとりの闘争」 アントニオ猪木著 (集英社)

 「闘魂転生 激白 裏猪木史の真実」 アントニオ猪木監修 (KKベストセラーズ)

 「闘魂戦記 激白 格闘家・猪木の真実」 アントニオ猪木監修 (KKベストセラーズ)

 「猪木を信じよ」 井上義啓著 (シャピオ)

 「ザ・プロレス本No3 不在証明」 井上義啓著 (ベースボール・マガジン社)

 「ザ・プロレス本No9 プロレスクイズ500問」 夢月亭清麿 (ベースボール・マガジン社)

 「プロレスアルバム4 アントニオ猪木」 (恒文社)

 「週刊ゴング増刊 アントニオ猪木 最後の闘魂」 (日本スポーツ出版社)

 「ゴング格闘技増刊 アントニオ猪木 不滅の闘魂名勝負100」 (日本スポーツ出版社)

 「アントニオ猪木 SUPER BOOK!」 (KKベストセラーズ)

 「週刊ゴング増刊 20年目の検証 猪木・アリ戦の真実」
                    週刊ゴング編集部&小林和朋監修 (日本スポーツ出版社)

 「新日本プロレスリングパンフレット縮刷版 第1巻」 (新日本プロレスリング)

 「創立20周年記念愛蔵版 新日本プロレス20年史」 (新日本プロレスリング)

 「アントニオ猪木30周年 メモリアル・フェスティバルIN横浜アリーナ」大会
                           記念パンフレット (1990.9.30)

 「INOKI FESTIVAL〜突然卍固め」大会 記念パンフレット (1995.12.31)

 「INOKI FESTIVALin代々木」大会 記念パンフレット (1996.12.1)

 「週刊ゴング増刊 史実 燃える闘魂」 (日本スポーツ出版社)

 「燃える闘魂の名言・奇言 猪木神話の全真相」 渋澤恵介著 (KKベストセラーズ)

 「アントニオ猪木の証明〜伝説への挑戦〜」 木村光一著 (株式会社アートン)

 「猪木イズム」 アントニオ猪木著 (サンクチュアリ出版)

 「”燃える闘魂”アントニオ猪木引退試合」大会 記念パンフレット(1998.4.4)

 「週刊ゴング増刊 闘魂大全集」 (日本スポーツ出版社)

 「猪木寛至自伝」 猪木寛至著 (新潮社)

 「不滅の闘魂」 アントニオ猪木著 (海鳥社)

 UFO「TAKE OFF」大会 記念パンフレット (1998.10.24)

 UFO「文句があるならかかって来い!」大会 記念パンフレット (1998.12.30)

 UFO「ハマのリングで勝負しろ!」大会 記念パンフレット (1999.3.14)

 「猪木詩集 馬鹿になれ」 アントニオ猪木著 (角川書店)

 「猪木語録 闘魂伝書 世紀末篇」 大谷泰顕監修 (メディアワークス)

 「週間プロレス スペシャル4 猪木毒本」 (ベースボールマガジン社)

 「燃える闘魂 醜聞(スキャンダル)外電 猪木の弱点」 竹内宏介著(日本スポーツ出版社)

 「俺の魂」 アントニオ猪木著 (あ・うん)

 「もう一つの闘い〜血糖値596からの糖尿病克服記」 アントニオ猪木著 (三笠書房)

 「非常識」 アントニオ猪木著 (河出書房新社)

「闘魂レシピ Fight Food」 アントニオ猪木著 (飛鳥新社)

「アントニオ猪木の人生相談 風車の如く」 アントニオ猪木著 (集英社)

「あなたの体も危ない! 糖尿病1600万人を救う魔法の杖」
              アントニオ猪木/舘一男著 (PHP研究所)

「元気があれば何でもできる!」 アントニオ猪木著 (KKロングセラーズ)

「猪木語録 元気ですか 一日一叫び」 アントニオ猪木著 (扶桑社)

「猪木式教育論「父親の背中」の見せ方」 アントニオ猪木著 (講談社)

「真実」 アントニオ猪木著 (ゴマブックス)

「踏出力。人間アントニオ猪木から何を学ぶのか」 アントニオ猪木著 (創英社/三省堂書店)

「アントニオ猪木〜燃える闘魂50年〜上巻(1960〜1985)」 (ベースボールマガジン社)

「デビュー50周年記念公式写真集 アントニオ猪木全記録」 (オープンハウス)

「元気ですか?! ニッポン!!」 アントニオ猪木著 (ポプラ社)

「アントニオ猪木〜燃える闘魂50年〜下巻(1986〜2010)」 (ベースボールマガジン社)

「G SPIRITS SPECIAL EDITION vol.1 アントニオ猪木」 (辰巳出版)

「北朝鮮と日本人 金正恩体制とどう向き合うか」 アントニオ猪木・辺真一著(角川書店)

「闘魂外交」 アントニオ猪木著(プレジデント社)

 

 
 文献によって、細かい内容について記述の異なる部分があり、最も確かと思われるものを採用しました。