猫、将棋、凧

最近の記事

著者:山本 淳子
出版社:朝日新聞出版
ISBN:978-4-02-263057-5
リンク:コトバンク 日本大百科全書 「枕草子」
メモ:『枕草子』の世界を、作品が書かれた経緯に照らしつつ紹介した本です。
定子(一条天皇の中宮)に仕えていた清少納言の『枕草子』創作の意図(たくらみ)や、『枕草子』の章段(原文・現代語訳、抜粋)の意味が、分かり易く解説してありました。

「(枕草子は、)何はさておき、定子のために作ったのだ。定子の生前には、定子が楽しむように、その死を受けては、定子の魂が鎮められるように。皆が定子を忘れぬように。これが清少納言の企てだった。...さあ、いよいよその『枕草子』を読むことにしよう。どうか定子になった思いで触れていただきたい。その心にこそ、『枕草子』は真価を明かすに違いないからである。」
著者:まつもとゆきひろ
出版社:日経BP社
ISBN:978-4-8222-3917-6
リンク:matz 「プログラミング言語 Streem」
メモ:プログラミング言語「Ruby」の作者でもある著者が、「日経 Linux」誌に連載した記事「作りながら学ぶプログラミング言語」を、加筆・編集したした本で、「プログラミング言語 Streem」を作成例として用いて解説しています。この「Streem」は、コンカレントプログラミング(並行計算)の支援を目標とした、パイプラインプログラミング用言語で、Unixのシェルスクリプトの良さと、いわゆる汎用プログラミング言語の良さを組み合わせたようなプログラミング言語です。また「Streem」には、パイプラインを計算モデルの中心に採用している、関数型プログラミングに大きく影響を受けている、などの特徴があります。

プログラミング言語デザインの秘訣 —— なぜこうなっているのか?、何を目指していたのか? —— が紹介してありました。
著者:立川察理(著)、長瀬嘉秀(監修)
出版社:リックテレコム
リンク:amazon.co.jp 「関数型プログラミングの基礎」 [Kindle版]
リンク:「関数型プログラミングの基礎」サンプルコード
メモ:関数型プログラミングの入門書で、何らかのプログラミング経験のある読者を想定しています。プログラム言語は、JavaScriptを用いています。

プログラミングを趣味とする著者(精神科医)が、関数型プログラミングで魅力を感じた機能の特長を、具体的なプログラム・コードを使って、愉快げに説明していました。

プロフィール

クロの写真。ポッポの写真。
クロ
黒猫のクロは、マタタビが大好きです。
メス 3.5kg (2000年 - 2016年)
ポッポ
白猫のポッポの好物は、烏賊、ちくわ、牛肉です。
メス 4kg (1986?年 - 2000年)

目次

(連絡先: PopoKuro)

[このサイトへのリンクはご自由にどうぞ]