毎度おなじみ忘れ物

 生来ずぼらでええ加減な私は、山に行くときでも早いうちからきちんと用意しておくということができず、出発ぎりぎりになって慌てて用意を始め、そのときになって初めて肝心なものがないことに気づいてさらに慌てるということが毎度のパターンであります。整理整頓も全くダメなので、あるはずのものが出てこないということはしょっちゅう。そんなに広い家でもないのに不思議なんですが。
 で、出発地梅田の登山用品店に駆け込み、持ってるはずのものをまた買う羽目になります。ではその一部をご紹介しませう。別にコレクションしたわけではありませんが。
 ヘッドランプや水筒は山では必需品だから、買わざるを得ません。で、山から戻ってきたら、ある日突然、家のどこかからひょこっと出てくるんですよ、こいつらが。特に水筒なんて結構大きいのに、なんで狭い家で行方不明になるのか不思議です。時間があればゆっくり探して出てくるんでしょうが、出発間際に探し始めるんで時間切れになるんでしょうね。こんなにためてどうするんだと思ってたけど、子どもが大きくなって家族登山するようになると、子ども用の装備として役立ってくれました。

 その他、持っていくのを忘れるものでよくあるのがコンパスですね。そういえばシルバコンパスも3個持ってます。地図も八ヶ岳のは現地購入のものが5つもあります。

ホームページに戻る 山のページに戻る 次のページへ