恥ずかしながら青春18切符

 お盆の前後は、女房子供が里帰りして晴れて独り身になるので、長期山行の絶好の機会であります。この時期は一人旅といっても普通の宿はまずとれません。しかも、列車も指定席は売りきれ、自由席は超満員で立ち通しと、普通に旅行すればロクなことはないでしょう。

 しかし、しかし、山に行くなら別です。山小屋は本来予約いらずです。有名な小屋は超満員すし詰め状態かもしれませんが、コースを一般的なものと少しずらして工夫すれば、こんな時期でも意外と空いてる山小屋に当たります。

 そして、交通手段は、各駅停車の旅。新幹線や特急は超混雑状態でも、お盆の時期は、普段込んでる通勤通学電車が逆に空いているのであります。日程に余裕がある場合は、断然、山に行くまでの行程ものんびり鈍行列車の旅!!大阪を早朝に出発して信州の松本駅に午後2時頃には着いたと思います。3回ほど乗り換えますが、今まで座れなかったことはありません。途中、列車待ちもありますが、途中下車してお散歩するのもまたそれなりに楽しいものです。だいたい中津川で時間つぶしをするんですが、駅前のダイエーで山用の食料を買ったり、スイカを買って公園でかぶりつくのがいつものパターンでした。車内では、ふだん読む機会のない何分冊もの長編小説を文庫本で持って行き、読み捨てていきますが、これも愉しみのひとつですね。私は昔から列車の旅ならいくら長時間乗っても全然苦にならないんですよ。

 そしてこんな鈍行列車の旅の大いなる味方がご存知青春18切符です。私は、はじめこの切符って学生さんしか使えないと思っていました。しかし、実際は、年齢制限なし。誰でも使えます。でも、窓口で青春18切符くださいというのは、おぢさん、ちょっと恥ずかしい・・・。
 この切符、5回分1セットで販売されており、JR全線の普通列車に1日乗り放題というありがたい切符であります。お値段は11500円つまり1回分2300円ってことね。1日乗り降り自由で2300円というのは列車の旅が好きな人にとっては安いですよ。但し、普通列車以外は乗れません。途中ショートカットするために特急に乗ろうと思えば、特急券以外にその区間の乗車券代も払う必要があります。

 しかし、若い頃はともかく、今は5回分も1日乗り放題の旅するヒマも根性もなくなってきました。昔は、5枚綴りで売っていたので、バラでも使えたし、金券ショップで1枚単位で買えたんでもっと便利だったんですけどね。

ホームページに戻る 山のページに戻る 次のページへ