スイス方式対戦処理システム SwigPro/SwigFree


スイス方式対戦処理システムSwig30を大幅バージョンアップした標記のベータ版を公開中です。
どなたでも無料でダウンロード・インストール・試用できます。
また、そのサブセットであるフリーソフトSwigFreeの製品版 ver.4.18 をVectorで公開しました。
アンインストールする場合は、インストールしたフォルダごと削除すればOKです。

主なバージョンアップ内容

1 クラス名は自由に設定が可能になった。例 2007_11_meijin
2 組み合わせ条件に「ランダム」を追加→条件は8つになりました。
3 段級位マスタを汎用化し999段階きざみのランクマスタとした。つまり、点数制や、囲碁・将棋以外にもオセロなどでも利用可能になった。
4 上記ランクマスタはクラスごとに独自のものを使うようにした。あるクラスは段級位、あるクラスは点数=持点などということが可能。
5 名簿マスタのほか仮削除マスタを追加した。よく使う名前とあまり使わない名前を分けて登録できる。
6 よく使うクラス(同じようなメンバーが参加する)をテンプレートとして登録。
ベータ版ですがバグがあるかもしれません。またご提案があるかもしれません。
ご一報いただけると検討し、正規版に反映できるかもしれません。
メールは左の目次の[お問い合わせ]-[サーバ管理者]のページでお願いいたします。
ダウンロード・インストールは以下の手順を踏んでください。

シェアウェア版 SwigPro 2008/02/18更新

●1 ↓SwigProを初めてダウンロードされる方
SwigProアルファ版ver.4.01ダウンロード 2007/09/17
1 ダウンロード・保存したファイルをダブルクリックするとインストーラが起動します。
2 デフォルトではCドライブ直下に swigproフォルダを作成し、インストールします。
注 Swig30のシェアウェアユーザの方はお持ちの機能解除ファイルをインストールしたフォルダにコピーし、SwigProを再起動してください。
●2 ↓上記アルファ版ver.4.01をインストールずみの方
1 ベータ版ver.4.17ダウンロード 2008/02/18
2 アイコンダウンロード 2007/11/27
  1をクリックしたら、「実行」ではなく、必ず「保存」ボタンを押して適当なフォルダにダウンロードしてください。2のアイコンも右クリックして保存してください。
1 1のファイル(SWIG.EXE)をアルファ版をインストールしたフォルダに上書きしてください。
2 2のファイル(SWI3.ICO)をアルファ版をインストールしたフォルダに貼り付けてください。
3 SwigProを起動してください。

フリー版 SwigFree 2008/03/15更新

上記SwigProベータのサブセット版で、2008/03/15に製品版をVectorで公開しました。フリーソフトですので、小さな碁会やサークルなどでご自由にお使いください。
SwigProとの違いは、参加者の上限が16人、対戦回数の上限が8回であることだけです。
●Vectorのダウンロードサイト
SwigFree製品版ver.4.18ダウンロード 2008/03/15
1 ダウンロード・保存したファイルをダブルクリックするとインストーラが起動します。
2 デフォルトではCドライブ直下に swigfreeフォルダを作成し、インストールします。
  SwigFreeベータ版をインストールずみの方が同じフォルダにインストールされても、作成済みの名簿マスタなどは影響を受けませんので、安心してインストールしてください。

Swigヘルプファイル SwigPro SwigFree共通 2008/01/12更新

  SwigProヘルプファイルダウンロード
  右クリックしてSWIG.CHMを保存し、SwigProをインストールしたフォルダに上書き保存してください(製品版SwigFreeをインストールした方は最新のヘルプファイルが同梱されていますので不要です)。

よくある質問

●新規作成したクラスをデスクトップ下のフォルダに入れようとしたらエラーが出た。
フォルダ名やクラス名にスペースを含む名前は使えません。デスクトップの実態は[Documents and Setting]...ですので使えません。
●名簿マスタデータ設定画面で「田中」という名前を複数入れ、「たなか」と書いてフィルタボタンを押しても何も現れません。
名前フィルタはルビではなく、文字通り、名前です。[田]と入れれば、山田や田中などが表示されるはずです。
● クラス名簿のテンプレート化はどのように(どの段階で)するのですか。
クラスがオープンしていれば、いつでもかまいません。オープンしているクラスが登録できます。
● 画面(対戦一括表示,ヘルプなど)の印刷が出来ればと思います。
対戦表は、[表示]-[A4判分割印刷]で印刷できます。ヘルプは印刷ボタンをクリックしてください。
● WinVistaでは動くでしょうか?
作者はテスト環境がありませんが、ユーザからの報告では動くそうです。

寄せられたご意見と回答( 現在)

★最新バージョンで解決済みのご意見は、順次、消してゆきます。
● 参加者が多いと勝敗入力などを複数のパソコンで処理できるとよいと思います。LAN対応型にならないでしょうか?
うーむ、40人くらいまでなら、LAN対応にする必要はないと思います。ユーザの要望が多ければ参加者登録と勝敗入力に限って複数のPCで同時処理できる方法を考えてみたいと思います。
● 団体戦にも順位をつけること(上位3名)成績をもとにしたソフトの開発ができないか
Swigは個人戦を前提としているので無理ですが、団体戦の対戦方法と順位ずけの方法をご連絡いただければ考えてみます。
いくつかの細かいバグフィックスとツールバーを追加しました。■beta版ver.4.16完成■