高森美由紀作品のページ


1980年生、青森県出身・在住。2014年「ジャパン・ディグニティ」にて産業編集センター出版部主催の第1回暮らしの小説大賞、15年「いっしょにアんべ!」にて第44回児童文芸新人賞、17年「花木荘のひとびと」にて集英社ノベル大賞を受賞。


1.山の上のランチタイム

2.山のふもとのブレイクタイム

 


                   

1.
「山の上のランチタイム Lunchtime on the Moutain ★★


山の上のランチタイム

2019年11月
中央公論新社

(1600円+税)



2019/12/21



amazon.co.jp

風光明媚な土地にあるレストランを舞台にした連作ストーリィ。最近はそうした設定の作品が多くなったなぁと思います。
その魅力は、爽やかさと美味しそうな料理にある、というのはもはや定番と言って良いでしょう。

本書の舞台となるのは青森県南部にある
葵岳、そのふもとにあるレストラン“コッヘル デル モタキッラ(セキレイの調理器具)”、通称:葵レストラン
スタッフはイケメン店長の
明智登麿・25歳、その甥で不登校中の中二・明智瑛太、そして主人公である青木美玖・20歳の3人。

この主人公がかなり賑わしい。そそっかしくて不器用で、やたら元気。元柔道部。とはいえ、料理に対する味覚への信頼度は高いらしい。
ただ、11年前に家族3人で葵岳登山をしたその帰り、目の前で母親が転落死するという辛い過去を背負っている。いつも美玖が振りまく笑顔に、どこか無理しているところはないのだろうか。

各章、親子の繋がり、理解し合うことの難しさ、気持ちのすれ違いといった内容になっています。
「七歳児参りのふっくらムニエル」は母親を失くした息子と父親の関係、「崖っぷちのオッキ・ディ・ブェ」は不登校中の瑛太の事情、「塩むすびのてっぺんマリアージュ」は葵岳山頂での結婚パーティを望んできた和田蘭が抱えてきた想い、「四十年のミルフィーユ」は余命僅かとなった母親と中年男性の息子の関係、そして「リスタードのトリュフチョコ」は未だ妻の死を抱え込んでいるらしい父親と美玖の対立・・・。

ストーリィの背後にはいつも葵岳があり、美味しそうな料理がストーリィを進める要素になっているところが、爽快。
ちょっと突出気味ではありますが、美玖の健気な快活さに元気づけられるようで、好感。


1.七歳児参りのふっくらムニエル/2.崖っぷちのオッキ・ディ・ブェ/3.塩むすびのてっぺんマリアージュ/4.四十年のミルフィーユ/5.リスタードのトリュフチョコ

                    

2.
「山のふもとのブレイクタイム ★★
 Time for a Break at the foot of the mountain


山のふもとのブレイクタイム

2021年09月
中央公論新社

(1600円+税)



2021/10/10



amazon.co.jp

青森県南部にある葵岳、そのふもとにあるレストラン“コッヘル デル モタキッラ(セキレイの調理器具)”、通称:葵レストランを舞台にしたストーリィ山の上のランチタイムの続編。

自然にあふれた爽快さと如何にも美味しそうな料理、というロケーション&道具立てのところから魅力あった前作、その続編ということであればとても嬉しい。
同じく高原のレストランという設定では、
柴田よしき“高原カフェ日誌も充分魅力的なのですが、本作はシェフの明智登麿も店員の青木美玖も共に20代と若々しいところが魅力。
また、その美玖、単に料理の運び手に留まらず、登麿の作る料理の味にも貢献しているらしいのが、嬉しいところ。

未だいろいろ迷いもし、葛藤もするシェフ・登麿。それに対し、猪突猛進といった具合に迷いなく突進する美玖。この2人に高校生バイトの
瑛太が加わってくると、実に良いチームです。

「ハーブポークの休息」:瑛太の同級生=早苗。テニスがずっと不調というが、その挙げ句しようとしたことは・・・。
「こんがりチーズの焼きおにぎり」:小中の同級生=馬場健が祖母・母親連れで来店。登麿に祖母との思い出を回想させます。
「見えないケーキ」:中学時の同級生=工藤陽菜が来店。娘自慢の両親によると、東京の上京企業で活躍中というのだが。
「水ぬるむ頃まで」:小学校の同級生で今は地元紙の記者を務める西野が来店。その傍若無人な要求を、何故登麿は受け入れ続けるのか・・・。

登麿と美玖の関係、ちょっと前進でしょうか。次作が楽しみ。


1.青葉の頃−ハーブポークの休息/2.お盆の頃−こんがりチーズの焼きおにぎり/3.もみじの頃−見えないケーキ/4.水ぬるむ頃まで−ホワイトソースと厄介な頼み

      


   

to Top Page     to 国内作家 Index