佐原ひかり作品のページ


1992年兵庫県生、大阪大学文学部卒。2017年「ままならないきみ」にて 第190回コバルト短編小説新人賞、19年「きみのゆくえに愛を手で」にて第2回氷室冴子青春文学賞大賞を受賞し、作家デビュー。

 


                   

「ブラザーズ・ブラジャー Brother's Brassiere ★★☆  氷室冴子青春文学賞


ブラザーズ・ブラジャー

2021年06月
河出書房新社

(1520円+税)



2021/07/20



amazon.co.jp

3歳の時から父子家庭のちぐさ、高校一年生が主人公。
ところが突然に父親の
悟くん瞳子という女性を紹介してきたと思ったら、あれよあれよという間に再婚、瞳子とその息子=中三の晴彦という家族が増えることに。
ふと知ってしまったことは、その晴彦がおしゃれだからという理由でブラジャー好き、しかも何枚も持っているとは!
父子家庭である故にずっとスポーツブラで通してきたちぐさ、付き合っている相手もいるしこのままではいけないと、晴彦にブラジャーの買物に付き添いを頼むのですが・・・。

コミカルな家族譚と思う処ですが、いやいや、ブラジャーという小道具に迷わされていけません。
本作はれっきとした、ちぐさと晴彦の青春&成長ストーリィなのです。

友達でも恋人でもない、でもそれよりずっと近い存在。ちょっと前までは全くの他人、でも今は姉弟。
そんなちぐさと晴彦の関係を主軸としている処が、とても良い。
親に言えないでいること、でも同年代の家族?だから言えることもある、言えないで抱えてきたことを遠慮なく批判できる?

友人関係にさえ臆病なところがあるちぐさに対して、晴彦の方がずっと大人、という印象で、これでは姉の立つ瀬がないではないか、と思うのが前半。
ところが、一旦ちぐさが暴走しだすと、ぐいぐい相手の懐に攻め込んで、もう喝采を挙げたい面白さ。

ちぐさと晴彦、それぞれ屈折した出来立ての姉弟ですが、2人のキャラクターが実に良い。
2人の会話がとても魅力てきなのです。

題名だけ見てしまうと、男性読者は手に取るのに躊躇するかもしれませんが、躊躇せず手を伸ばしましょう。 お薦めです。

ブラザーズ・ブラジャー/ブラザーズ・ブルー

        


   

to Top Page     to 国内作家 Index