奥田亜希子
作品のページ No.2



11.クレイジー・フォー・ラビット

12.求めよ、さらば

13.夏鳥たちのとまり木

【作家歴】、左目に映る星、透明人間は 204号室の夢を見る、ファミリー・レス、五つ星をつけてよ、リバース&リバース、青春のジョーカー、魔法がとけたあとも、愛の色いろ、愉快な青春が最高の復讐!、白野真澄はしょうがない

 → 奥田亜希子作品のページ No.1

 


            

11.
「クレイジー・フォー・ラビット ★★


クレイジー・フォー・ラビット

2021年07月
朝日新聞出版

(1600円+税)



2021/07/27



amazon.co.jp

小六、中二、高三、大学生、そして娘を持つ30代専業主婦という5つの年代に分けて、大島愛衣(あい)という女性の成長していく姿を描いた連作ストーリィ。

この愛衣、相手が嘘をついているのを匂いで感じ取ってしまう、という特異さを持つ。そのため、人間関係についつい慎重になってしまう、という設定。

成長物語であることに間違いはありませんが、もうひとつ重要な要素は、友だちとは?を問い掛けている処にあります。
その点で強烈に感じたのが、冒頭の
「クレイジー・フォー・ラビット」と最後の「私のキトゥン」で、それぞれ愛衣が浴びせられた言葉。

どういう関係になれば友だちと言えるのか。どうすれば友だちになれるのか。・・・考えさせられます。
冒頭の2章あたりは物足りなかったのですが、
「ブラックシープの手触り」から手応えを感じるようになりました。それは、愛衣が自分の抱える思いと、相手を気遣う思いときちんと向かい合うことができるようになったからでしょうか。

とはいえ、友だち以上に難しいのが我が子なのかもしれません。
まだ幼稚園児だというのに相当な負けず嫌いである娘の
優里、手強いと共にかなり面白いキャラクターです。

クレイジー・フォー・ラビット/テスト用紙のドッグイア/ブラックシープの手触り/クラッシュ・オブ・ライノス/私のキトゥン

              

12.
「求めよ、さらば ★★


求めよ、さらば

2021年12月
角川書店

(1600円+税)



2022/01/21



amazon.co.jp

主人公の辻原志織(旧姓:高野)は34歳、フリーでIT関連本の翻訳業。
夫の
誠太は、大学時代にバイトしていた居酒屋でのバイト仲間。
仲の良い女子バイト仲間からは存在感のない男子と見下げられていた誠太ですが、優しくて家事も手伝ってくれる理想的な夫。
唯一の悩みは結婚して7年経つものの、子供ができないこと。そのため妊活中だが結果が得られず。

ある日、その誠太が離婚届と
「自分は志織にひどいことをした」という一文から始まる手紙を残して、突然失踪してしまう。
一体、誠太に何があったのか、自分を愛してはいなかったのか、志織は呆然としてしまう。
そうなって初めて、志織は誠太の気持ちを知ろうとします。その結果は・・・。

最初は志織を主人公にした現在、次いで誠太を主人公にしてのバイト時代、そして再び志織を主人公にした現在、という三段階の構成。
ストーリィ運びはとてもスムーズで、妊活でもやもやしていた志織に突然襲い掛かった苦悩、一方では誠太の不器用な想いが、すんなり胸の内に届いてきます。

平穏に結婚へと進んだ2人の、夫婦になって7年も経ってから繰り広げられたラブ・ストーリィ、と言って良いのでしょう。
最後は2人本来の性格がやっと現れたようで、嬉しくも、愉快にもなります。

素敵な恋愛小説を堪能した気分です。奥田さんに感謝。

          

13.
「夏鳥たちのとまり木 --


夏鳥たちのとまり木

2022年05月
双葉社

(1600円+税)

2022/06/--

amazon.co.jp






       近日中に読書予定






      

奥田亜希子作品のページ No.1

      


   

to Top Page     to 国内作家 Index