芦沢 央(よう)作品のページ Mo.2



11.神の悪手

【作家歴】、罪の余白、今だけのあの子、許されようとは思いません、雨利終活写真館、獏の耳たぶ、バック・ステージ、火のないところに煙は、カインは言わなかった、僕の神さま、汚れた手をそこで拭かない

 → 芦沢央作品のページ No.1

 


                   

11.
「神の悪手 ★☆


神の悪手

2021年05月
新潮社

(1600円+税)



2021/06/09



amazon.co.jp

将棋を題材にしたミステリ、5篇。

将棋に興味が無い方なので、将棋主体のストーリィに今ひとつ興が乗らなかったのですが、ミステリの多彩さ、意表を突かれる展開と、その趣向の見事さに唸らされます。

どこにミステリがあるのか分からないまま読み進み、主人公が気づかないでいた真相が明らかになって初めてミステリと気づく、というパターンです。

「弱い者」:被災地の避難所にボランティアとして将棋を指しに出向いた北上八段。相手をした小6くらいと思われる少年の才能に興奮します。しかし、少年は時々信じられない愚手を平気で指す。一体何故?
「神の悪手」:奨励会に4年、未だ昇段を掴めない啓一は、先輩の村尾が考えた、翌日対局する相手への戦略メモを手に入れます。しかし、当日啓一は究極の岐路に立たされてしまう。
「ミイラ」:将棋誌に投稿される詰将棋の検討を手伝っている主人公。詰めが不成立とした判定への反論が編集部に届いたという。すれ違いの理由は?
「盤上の糸」:8歳の時の交通事故で両親を失い、自分も失認障害に至った亀海要。向島久行との対局の行方は・・・。
「恩返し」大学講師を辞職して駒師になった兼春。棋将戦で国芳棋将が兼春が作った駒を選んだことで、やっと自立できたと感激します。しかし、その直後信じられないことが起こり、衝撃の余り兼春は気力を失ってしまう・・・。

5篇中、
「弱い者」「ミイラ」の2篇が私は好きです。

弱い者/神の悪手/ミイラ/盤上の糸/恩返し

       

芦沢央作品のページ No.1

        


   

to Top Page     to 国内作家 Index