青山七恵作品のページ No.2



11.

12.ハッチとマーロウ

13.踊る星座

14.私の家

【作家歴】、ひとり日和、やさしいため息、かけら、魔法使いクラブ、お別れの音、わたしの彼氏、あかりの湖畔、花嫁、すみれ、快楽

 → 青山七恵作品のページ No.1

 


           

11.

「 風 」 ★★


風画像

2014年05月
河出書房新社
(1400円+税)

2017年04月
河出文庫化


2014/07/03


amazon.co.jp

面白いことに表紙と裏表紙を開けた見返しに、「予感」という題名の僅か4頁の掌篇。
そして
「ダンス」は、子供の頃から踊るということができない一人の女性を描いた小品。

「二人の場合」は、大手肌着メーカーに同期で入社した2人の女性の15年に亘る付き合いを描いた中篇。
お互いに落ちこぼれの営業職、好みの傾向が似ていて、他の女性たちと相容れないところもそっくり。お互いがいれば十分というくらいの仲でしたが、片方の結婚を境に2人の関係は変わっていく。
あれだけ密接だった2人なのに何故?と思うのですが、一呼吸置いて眺めて見れば、当たり前過ぎるくらいにごく普通のこと。その意味では、一見特殊な関係に見えて、極めて普遍的なストーリィではないかと思う次第です。

表題作の
「風」は、父親からの遺産とその残してくれた家で暮らす共に独身、五十代の姉妹を描いた篇。
お互い離れられないくせに罵り合うといった、グロテスクな可笑しさを振りまく二人ですが、決して他人事ではないといった切実感を感じます。結婚せず子供もなく年取っていくという人生は、もう稀ではないのが現代日本なのですから。


ダンス/二人の場合/風 *予感

           

12.

「ハッチとマーロウ Hutch & Marlow ★★


ハッチとマーロウ

2017年05月
小学館刊

(1700円+税)

2020年04月
小学館文庫



2017/06/13



amazon.co.jp

双子の女の子、小学5〜6年生のハッチとマーロウの視点に立って描いた、日常、そして家族の物語。

ハッチマーロウ(本名:千春と鞠絵)の母親は小説家。気まぐれなところもあるシングルマザー、あちこち転居し、現在は長野県の穂高で3人暮らし。
2人の誕生日、母親がいきなり宣言します。
「今日でママは大人を卒業します」「今日からふたりは子どもを卒業、子どもを卒業して大人になります」と。
とはいっても、急に小学生が大人の女性になる訳もなく、その言葉の意味は、これからは自分で考えて、自分で責任をもって行動して、ということなのでしょう。
そうした伏線があって、女の子2人の積極的な視点、行動、そして先走った思い込みがストーリィを賑わす、という次第。

何となく捉えがたい、フワフワした印象を受ける作品。
まぁ小学生の女の子2人が主人公なのですから、私から見てフワフワした感じを受けるのもやむを得ないことだろうと思います。

2人のやり取り、感じ方、思い・行動ぶりが可愛らしく、そして面白く、それなりに楽しんで読みました。

双子だから何でも助け合える、一人になることがない、というのは、2人にとっては強力な武器ですね。


1月:わたしたちが大人になった日のこと/2月:やみくもさんとれいこちゃんとチョコレートについての日のこと/3月:個性をつくってみた日のこと/4月:ふうがわりな転入生のこと/5月:家出人と山菜狩りをした日のこと/6月:ゆうれいたちの顔を見た日のこと/7月:東京でバカンスした日のこと/9月:男の子の気持ちになってみた日のこと/10月:森の家にたくさんお客さんが来た日のこと/12月:ママが行方不明になった日のこと/12月:わたしたちがいちばん海の近くにいた日のこと

                

13.

「踊る星座 ★☆


踊る星座

2017年10月
中央公論新社

(1500円+税)

2020年07月
中公文庫



2017/10/29



amazon.co.jp

「ここからいますぐ逃げ出したい−−ダンス用品会社のセールスレディが、疲労と珍事件にまみれて今日を駆け抜ける! 働きすぎてしまう人の心にそっと寄りそう、汗と笑いのお仕事小説」というのが出版社の紹介文。

特に気に留めずに読み始めたのですが、仕事先で仕事とは関係ないゴタゴタに巻き込まれたり、居眠りや酔っぱらっての妄想?といった展開まであり、ええーっお仕事小説なのに!?と頭を翻弄された思い。

しかし、読み終わってからもう一度上記紹介文の読むと、あぁそういうことだったのかと得心出来ました。

仕事、仕事に追われていると、その疲労の故にいろいろな珍事件に遭遇するかもしれない。でもそれは、それだけ心身共に仕事に疲れているということではないか。

コミカルで元気を取り戻すことができるような一般的な“お仕事小説”ではなく、仕事に疲れ果てた末に正常意識を失うことのないよう警告する“お仕事小説”であったか、と思う次第。

いやー、読んでいる最中困惑してばかりでした。(笑)

1.ちゃぼ/2.煙幕/3.スーパースター/4.恋愛虫/5.わたしの家族/6.ハトロール/7.あなたの人格/8.妖精たち/9.テルオとルイーズ/10.お姉ちゃんがんばれ/11.奥さんの漂流時代/12.ジャスミン/13.いつまでもだよ

                  

14.
「私の家 ★★


私の家

2019年10月
集英社

(1750円+税)



2020/01/19



amazon.co.jp

49日法要を振り出しに、一周忌法要まで、3世代に亘り“家族”につき一人一人の思いを描いた連作風ストーリィ。

男と別れ実家に戻ってきた次女=
、何かと騒がしい性格の母親=祥子、未婚のまま一人暮らしの大叔母=道世、ずっと行方知れずになっている伯父=博和、既婚・娘一人の長女=灯里、押しつけがましい言動の多い母親の陰で無口な父親=滋彦と。

こうして一人一人から、家族、そしてその対比における自分に関する思いを聞くと、家族って何だろう?と思います。

戻るべき場所か、戻ることのできる場所か、あるいはいずれ遠ざかってしまう場所か。
建物としての“家”か、家族という意味での“家”か。一体とも言えるし、違うともいえる気がします。

私にとって“家”とは何かと言えば、実家はかつて自分の“家”であり、家族を持ってからは“かつての家”であり、今の家は自分と家族がいるところ。
そして、自分が戻るべき場所であり、寛げる場所であって欲しいと思う場所、ということかなと思います。

その点、梓は中途半端というか、まだ旅の途中、母親の祥子に関して言えば自分がいる処、というところではないかな。
しかしまぁ、自分の存在をいつも主張し続けているような祥子の性格は、育った時の環境の影響もあるかもしれませんけど、私などからすると距離を置いておきたい家族、と思います。


※一番安定している観があるのは、道世と博和か。

     

青山七恵作品のページ No.1

      


   

to Top Page     to 国内作家 Index