青柳碧人
(あおやぎ あいと)作品のページ


1980年千葉県生、早稲田大学教育学部卒。2009年「浜村渚の計算ノート」にて講談社の公募企画「Birth」の第3回受賞者に選ばれ作家デビュー。

  


       

「未来を、11秒だけ ★☆


未来を、11秒だけ

2019年07月
光文社

(1500円+税)

2021年05月
光文社文庫



2019/08/18



amazon.co.jp

仲間数人が持つちょっとした特殊な能力を絡めたミステリ。

眠った場所における24時間後の未来が11秒だけ見える。
連作短編にすると面白そうだなぁと思ったのですが、本作は長編ミステリ。

主人公の
篠垣早紀は、新宿で思わぬトラブルに巻き込まれそうになったところを、ジョージという男性に助けられます。
そして早紀は、とりあえずそれ以上の難を逃れるという理由で、ジョージが暮らす
<FREEDOM TREE>というシェアハウスにその日一晩厄介になりますが、そこに住む7人の住人たち、若いエミリをはじめ、それぞれいろいろ事情を持っているらしい。

その後日、ジョージと同室で暮らしているという女性
キャロが、失踪したまま音信不通。キャロの身に何か危険が?
協力を求められた早紀は、友人で元ホストの
星川司を呼び寄せます。実は司も、ジョージ同様、ある特殊な能力の持ち主。
そこから、ジョージ、早紀、司、若い女性住人のエミリが主体となってキャロの行方探しが始まります。
なお、やはり住人の一人であるロイまでいなくなり・・・。

ジョージ以外に、星川司もある特殊能力を持っている人物。そしてさらに、主人公の早紀にも・・・、そして・・・。

ホームズ役は星川司でしょうか。早紀はさしづめワトソンか。
警察や探偵ではないので現場検証が出来ず、その代わりを特殊な能力が埋める、そしてそれを基に推理を行う、という展開。
 
実はある犯罪事件絡み?と思いきや、結局はマイナーな問題に帰結してしまったところが物足りず。個性的な人物が集まっての群像劇のようなミステリという点は面白かったので、勿体なかった感あり。
仲間が集まってのシェアハウス生活、なんていうのも面白そうでしたね。

   


  

to Top Page     to 国内作家 Index