不動産売買の問題

不動産業者の選択

--不動産業者の得意分野を見きわける--

 不動産購入の勘所  


不動産業者とは

1 不動産業者の種類 

不動産会社にはいろいろな種類の会社があります。大きいものから小さいものまで、多種多様です。
ここでは、おおざっぱに、特徴をつかんで分類してみましょう。
  大手鉄道系の不動産会社
  全国ネット化された大手不動産業者
  建築会社系の大手不動産会社
  銀行系の不動産会社
  いろいろな業界団体と連携した不動産業者
  地元で長年経営してきた地場産業的な業者
  広範囲をカバーして業者間をつなぐ専門業者
 などといった多くのものがあり、まだまだいろいろな形態のものがあるようです。皆、資格を持った専門業者です。その得意分野というものがあるなど、いろいろな特色があるようです。

   

不動産業者の探し方、選び方  

このような専門業者をどのようにして探すのか、どのように選んだらよいのか、考えてみましょう。
あなたが物件を探し始めるとしましょう。あなたがある不動産業者に頼みます。その不動産業者が、運良くあなたの希望する物件の所有者をつかんでいるとは限りません。すると、あなたの頼んだ業者は不動産業者間の連絡網を使って、売り主を捜すことになります。
 すると、売り主をつかんでいる業者が出てくることになります。このときは、買い主の業者と売り主の業者とが仲介に入って、取引の調整をすることになります。
 これが出ないときは、さらに業者間の流通新聞などで、探すことになります。
 すると今度は、業者と業者をつなげる業者が出るなどして、複雑な伝達ができあがります。いわば、この物件に関する臨時のネットワークができあがるのであす。複数の業者が入ることで、規定の手数料を分配することになりますが、このあたりは時に複雑な世界になります。
しかし、手数料が増えることはありませんし、消費者が損をすることはないようです。サービスが若干悪くなることがあるかもしれませんが、それはむしろ業者の個性に関わるところが多いようです。
さて、あなたが業者を頼むとして、どのように探したらよいのでしょうか。
 いろいろあるでしょうが、いくつかの方法を考えてみましょう。
 直接探査型   欲しい物件がはっきりしているとき、たとえば空き地がある
        がその空き地が気に入ったとか、長いこと空き家になっている
        ようだが欲しいといったような場合、噂で売りに出ていると聞
        いたがというような時です。
                 直接その所有者に当たってください。所有者本人に聞くのが
        一番早いようです。本人の探し方はいろいろです。大変ですが、
        聞き込みもあるでしょう。登記簿謄本を見て探すのも方法でし
        ょう。
                 
  口コミ探査型  過去の実績があることが重要なので、友人や、知人に紹介し
        てもらうことです。その際、どんな実績か、得意分野はなにか、
        親切かどうか、よく動いてくれたかどうかなど、細かく聞きま
        しょう。仲介は、世話焼きのよい、丁寧な仕事そしてくれる業
        者が一番なのです。

  沿線探査型   希望の鉄道があるのであれば、その沿線に強い業者を選ぶ手
        もあります。鉄道の強さで、沿線の物権を多く集めて、持って
        いることが多いようです。

  銀行紹介型   各銀行は、自分のところが出資していたり、取引の多い業者
        と懇意にしていることが多いようです。銀行自身が不動産部門
        を持って、積極的に活動していることもあります。
                  これは、銀行員が動き回って得た情報が生きていることも多
        く、手堅い業者、手堅い不動産情報としては利用価値があるよ
        うです。
いくつかの探し方をまとめてみましたが、信用が基本の業界ですから、信用のおける業者を選ぶのが一番でしょう。信用の不明な、未知の業者は、できる限りさけたいものです。


 グループメニュー Retern

 インターネット ロイヤー法律相談室トップメニュー

Last modified 96.4.12 Maintained by Jirou Makino