"加速度脈波高田研究室"
ようこそ!

血管の老化診断/血管年齢とは?

”血管の老化”を遅らせるには、良い生活習慣を確立することが重要です。このページは、私、高田による「加速度脈波の血管老化診断の研究」をご紹介するページです。

年をとれば、誰でも、動脈は固くなります。その上、たばこを吸う習慣があったり、運動不足だったり、太りすぎていたり、血液中の脂質が多かったりすると、血管の壁に酸化脂質が沈着するスピードが増して、粥状動脈硬化がどんどん進行して、若くても血管が老化してしまいます。
さらに、高血圧や糖尿病が、知らないうちに進行していれば、血管老化のスピードがいっそう速くなり、
やがて来るべきは、
心筋梗塞、脳梗塞、痴呆ということになるでしょう。

これらの病気を防ぐには、早い時期に血管老化を発見して対策をたてることです。血管の老化度が簡単に測定できたら、病気の一次予防や健康管理に随分役立つと思いませんか?

私は加速度脈波による「血管老化度測定」
健康管理に使うことを提案します。

また、子供の肥満は成人動脈硬化の最大の危険因子です。併せて肥満児にしない生活習慣も考えましょう。

Mail to: このページに関するご意見をお寄せください。

music by machi 音楽の無断複製を禁じます


2001/11/14 11:05:35;57274;vk2h-tkd;RETR;ok;/homepage/titlepage.html