書籍「MathematicaによるOR」の紹介と

リストのダウンロードのためのページ

定価:1800円 仕様:A5判 出版社:アジソンウェスレーパブリシャーズジャッパン


<<本を書いた経緯>>  大学で専攻していたオペレーションズリサーチ(OR)を仕事上の必要から Mathematicaによって復習する時に作ったノートブックを元に して、でき上がったものです。   <<本書の特徴>> 1  内容はOR初学者のために入門用として書きためたものであり、   興味が続くように色々な分野について面白い話題を集めて書いている。 2  しかも、手法についての説明だけでなく、グラフとして表示する   方法についても詳しく解説している。これは「説得の科学」と呼ばれる   ORでは、非常に重要です。 3  また、Mathematicaを使うことにより、理論がわかるだけでなく、   実際に答えを出すことが出来る。(下の例を参照してください。)

<<目次>>

ーー下をクリックすると各章のプログラムリスト掲載のページへ行けます。ーー


Mathematica ver.3.0用ファイル

内容を見直し、Mathematica ver.3.0用のファイルに変換しました。

特に7章は、昨年の質問に基づき、大きく変更しております。

 Mac上で書きかえましたので、PCやUNIXの方は、互換性があるかどうかを

教えていただければ幸いです。