伝統ゲーム紹介


株札

戻る
名称株札(かぶふだ)
概要  1から10まで各4枚ずつ計48枚の遊戯札。 天正カルタ系の4つのスーツ(模様)のうち、棍棒(トランプのクラブにあたる)のみを4枚ずつにしたもの。 「きんご」「かぶ」という遊びに使用された。
「きんご」は札をめくっていって15を超えずに15に近いと強く、 「かぶ」は9に近いと強い。

「かぶ」の遊び方(かぶの中でも代表的な追丁(おいちょう)かぶ)

1.親は札を良く切り4枚を表にして配ります。次に自分に1枚伏せて配る。

2.子は好きな札に張る。

3.親は張られた札に2枚目の札を伏せて配る。子は合計が6以下であればもう1枚要求する。 3枚目は表にして配られる。

4.子の札が終わったら親は1枚目を表にし、自分に2枚目を表にして配る。必要なら3枚目を配る。

5.勝敗

 ・9に近い方が勝ち。10を越えた場合は下一桁で判断する。

6.特殊ルール

 ・親のシッピン(4と1)、クッピン(9と1)は親の勝ち(子がアラシの場合を除く)。
 ・アラシ(3枚とも同じ数)は勝ち。両者アラシの場合は合計の下一桁が9に近い方が勝ち。
 ・他、地域などにより様々な特殊ルールがある。

「きんご」の遊び方

「じゅんじゅん(かちかち)」の遊び方

株札(任天堂)
株札(任天堂)

株札「大隊長」(日本骨牌)
 

株札「朝日」(日本骨牌)
 

株札(山城商店)※1と10が8枚ずつある。

株札・裁断前(大石天狗堂)

株札(松井天狗堂)

株札(エンゼル)

株札・裁断前(小原商店)

販売状況専門店で入手可能。

*本サイトの内容の無断引用、掲載、転載、複製を禁じます。 (c) Hironori Takahashi


戻る