釣り日誌224 「日本海開拓」 (2017.12.24)


冬になっちゃった。

アメちゃんの季節だが、島牧には行かずに新規開拓。

寿都(すっつ)さ行くべ!

夏に見つけたこのワンドサーフは両翼5km。

中ノ川コビチャの2倍!2バ〜イ!と広大だ。

車にスコップ積んで海岸までの深雪を強引突破。

12時半、気温4℃、水温7℃、くもり、波さわ〜。

日本海側の方が水温高いことに納得いかない。

スピニングリールが不調なので、カワスペ+ジリオンTW+12lbフロロ装備。

海岸広すぎ、人いねーし・・・。

今日は左側に絞って投げ歩き。

浅い! 中の川より遠浅なんでないの?

どシャロー攻略用改造シンキングペンシルを投入。

対サクラマス用に改造したチャター要素を組み込んだシンキングペンシルだ。

前回のハチローでスイミングテストしてた・・・。

一瞬、ドン!っとアタったような、気のせいか・・・。

ペラジグには追跡なし。

雰囲気はいいんだけど、ベイトもカモメもおらんし・・・。

帰ろう!

− つづく −

− よもやま話 −

車のLEDテールランプってアカンね。

白熱球なら張り付いた雪を溶かしてくれるけど、LEDは溶けずにブレーキランプが見えなくなる。

特に北海道のパウダースノーは、走行中に巻き上がった雪がテールに分厚く張り付く。

リヤハッチの壁に10cm厚くらい普通に張り付く。

LEDは回路が発熱するんだから、その熱をレンズ方面に誘導できないもんかね?

あと、ヘッドライトもHIDやLEDだとレンズの雪が融けないのよねー。

あとあと、外車とかのLEDテール、ウインカーランプをブレーキランプで囲むなよ。

ブレーキランプの光がウインカーの光を邪魔して醜いわ!