釣り日誌217 「噴火湾チャレンジ」 (2016.11.26)


海釣りは島牧ばかり行ってる事に今さら気付く。

んで、唐突に灯台下暗SEA計画をスタート。

ウミアメは北海道全域で釣れるような事を、聞いたような、聞かないような・・・。

まずは近所で良さげなポイントをグーグルマップでテキトー決め撃ち!

噴火湾、大岸海岸に参上!

正午、気温3℃、水温5℃、はれ、微風、波さわ〜

あれ? 水温が日本海より低いんでないかい?

島牧は暖流(対馬海流)が当たるから高いのか?

それはさておき、釣れないわよ。

持ってきたルアー全部投げたけど、誰も追っかけて来てくれないお寒い状況。

水深と砂の感じがヒラメ&カレイ天国っぽいんだけど、底を探っても無反応。

150mくらい沖では水鳥がベイトを食べてるっぽいんだけど、岸際は静かなもんですなー。

更に、はるか沖ではすんごい数のブイが浮かんでる。

どんだけ網張ってんだよ。

もう来ないわよ!


− よもやま話 −

今回、メタマグDC7を海に初投入。

購入から8年経ってもまったく色あせない性能。

シマノの耐久性はやっぱり違うのかねぇ〜。

これから積極的に海で使ってやるわ。

そう言えば、カワスペも買ってから17年かぁ。

もう少しティップがしなやかだとトラウトに最高なんだけど、トラウト用のロングロッドをどこかで出してくんないかなぁ。

− つづく −