螢川(ほたるがわ)/宮本 輝


▲富山地方鉄道富山市内線のデ8000。現在は民営ですが過去には市営の時代もあり「市電」として親しまれています。


宮本 輝の小説「螢川」は、幼少時のわずかな富山生活の経験から構想したものといわれています。今回はその作品に登場する「いたち川」周辺を訪ねてみました。


☆電鉄富山から大泉まで富山地方鉄道不二越線で約5分。
☆富山駅前から荒町(雪見橋に近い)まで富山地方鉄道富山市内線で約6分。

電鉄富山駅 神通川 富山城 西町 いたち川 大泉

▼この欄をクリックしてください場所
富山地鉄16010系電鉄富山駅
神通川を渡るデ8000市内線・安野屋
富山城復元天守閣市内線・丸の内
西町交差点市内線・西町
いたち川(1)(月見橋付近)
いたち川(2)(雪見橋)
いたち川を渡る10030系不二越線大泉
いたち川(3)(大泉)
常願寺川を渡る14760系立山線有峰口
10高岡駅のプラットホームJR北陸本線高岡駅




第4部のINDEXへ