「虞美人草」への旅



▲ヨーロッパの田舎駅のような八瀬比叡山口駅(叡山電鉄)

今回は、京都にお住まいの漱石ファンの方のご希望を取り入れ、夏目漱石の「虞美人草」への旅をお届けします。
気軽に引き受けたものの、「虞美人草」は、ほんまに難しおす。
さて、どのような旅になりますことやら・・

▼この欄をクリックしてください
叡山電鉄
比叡山へ
延暦寺
坂本から三井寺
琵琶湖疏水を行く
京都の電車
古い京都、新しい東京
第一義

このホームページの制作にあたり下記の文献を参考にしました。
<著者名の敬称は略します。>
木村 功「虞美人草」論
水川隆夫「漱石の京都」
小森陽一「世紀末の予言者・夏目漱石」
沖中忠順・福田静二「京都市電が走った街 今昔」
中川浩一「鉄道記念物の旅」
「京都市交通局(市電・地下鉄)」



第11部のINDEXへ