源氏物語・宇治十帖/紫式部

宇治十帖モニュメントと朝霧橋


「源氏物語」全五十四帖のうち最後の十帖は、光源氏の次世代にあたる薫が主人公になっている。
その物語は、平安時代の貴族が景勝地として好んだ宇治を中心に展開することから「宇治十帖」と呼ばれている。

▼この欄をクリックしてください
淀屋橋から宇治へ
「通圓」と宇治橋
宇治川を歩く
朝日焼〜宇治上神社
源氏物語ミュージアム
朝霧橋〜平等院
縣神社〜JR宇治駅



第5部のINDEXへ