平安鎌倉史紀行/宮脇俊三



「毎度おなじみの江ノ電だが、この電車、幾度乗っても楽しい。腰越、稲村ケ崎、極楽寺、長谷などの駅々も、小さい駅なのに歴史の重みがある」(平安鎌倉史紀行/宮脇俊三から)

今回は、一日乗車券のりおりくん(580円)を利用して、その江ノ電の小さい駅を訪ねました。

▼この欄をクリックしてください
実朝暗殺(鎌倉駅)
和田合戦(和田塚駅)
江ノ電モナカ(江ノ島駅)
腰越状の満福寺(腰越駅)
俺たちの朝(極楽寺駅)
付録・浅草編



第2部のINDEXへ