メニュー

 

 
眼内レンズ手術に必要な検査
白内障とはどんな病気なのですか 手術後の通院は? 入院は必要ですか?
白内障の症状 手術の費用
白内障の原因 手術は痛いのですか?
白内障の予防 手術時の注意事項(手術前、手術室内、手術後)
白内障の治療方法
手術後の日常生活
白内障ではどんな手術をするの? 手術後の眼鏡について


白内障とはどんな病気なのですか

目の中の水晶体(レンズ)が濁る病気が白内障です

初期白内障 成熟白内障

上へ


白内障の症状

目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下して以下のような症状がでます。

霞んで見える。

明るいところへ出ると眩しく見にくい。
どんなに調整しても眼鏡があわない。
ぼやけて二重・三重に見える。

(*濁りの程度や性状により、症状には個人差があります )

白内障だけでは痛みや異物感・充血などがでることはありません。

普通の見え方 白内障の見え方(例)




水晶体は加齢変化に伴い黄白色っぽく濁ることが多く、白内障が進むと
黄白色のフィルターがかかったような見え方になってしまいます。

上へ



白内障の原因

白内障は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加によりおこるとされています。

白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。
60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。

目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などでは若いうちからの発症が多いことが知られています。その他にも遺伝、放射線や赤外線照射、ステロイド剤・抗精神病薬などの副作用、ブドウ膜炎などの目の病気よる続発性白内障、網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術のあとなどにも進行しやすい傾向があります。

生まれつきに水晶体の濁りのある先天性白内障の場合もあります。

上へ


白内障の予防

点眼薬、内服薬などの薬物療法を続ける
・偏食を避け、バランスのよい食事を心掛ける
・強い紫外線、放射線、赤外線の曝露を避ける(サングラス保護眼鏡
糖尿病などの白内障の原因となる病気を防ぐ

白内障を防ぐと言われている食品
ビタミンE 大豆、玄米、植物油、ごま、うなぎなど
ビタミンB2 のり、レバー、納豆、鶏卵、いわしなど
ビタミンC 緑色野菜、いも、柑橘類など

白内障を助長すると言われている食品
古い油を使った揚げ物、古い魚の干物など


白内障の治療方法

いったん白内障が進行して水晶体が混濁すると薬などで元の透明性を回復することはできません。
したがって、白内障が進行した場合は手術以外に視力を回復する手段はありません。

白内障が軽度で、あまり視力に影響のない場合は点眼薬内服薬による進行予防をおこないます。
現在までに開発された「抗白内障薬」では完全に進行を阻止することは不可能で、進行を遅らせるといった効果しか期待できません。しかしながら、(女性が肌のお手入れをするのと同じように)若々しさを保つためには「何もしない」よりは「点眼薬を続ける」などの努力で少しでも進行を遅らせることはできるはずです。医師からお薬を処方された場合は続けるようにしてください。

白内障の治療に関しては素人の自己判断は危険です。白内障が進行すると、緑内障やブドウ膜炎などの他の恐ろしい疾患を併発してくることもあります。定期的に専門医の診察を受けて適切なアドバイスを受けるようにしてください。


<抗白内障薬(点眼薬>
ピノレキシン製剤(カタリン、カタリンK、カリー、カリーユニなど)
キノン体で惹起される水晶体蛋白変性をピノレキシンが阻害し白内障の進行を予防するとされる

グルタチオン製剤タチオン、ノイチオン、チオグルタン、グルタチオン、イセチオン、ピネチオンなど)
 水晶体蛋白SH基がSS結合となり不溶性蛋白となるのを還元型グルタチオンが阻害して白内障を予防する 

<抗白内障薬(内服薬>
唾液腺ホルモン製剤(パロチン)
 間葉系組織の疾患に有効とされ白内障進行予防にも有効とされる 
チオプロニン製剤(チオラ) 水晶体蛋白のSH基保護作用、解毒作用、代謝酵素賦活作用 
アルドース還元酵素阻害剤(キネダック) ポリオールが水晶体に蓄積するのを阻害。主に糖尿病性白内障に有効とされる
八味地黄丸 老人のかすみ目、白内障の進行予防に効果があるとされる。作用機序不明

上へ



白内障手術は水晶体の濁りを取り除き、人工の水晶体(眼内レンズ)を移植する手術を行います。
網膜や視神経、角膜などの他の部分に問題がなければ、視力低下の回復が期待できます。


水晶体前嚢を切開する
水晶体の中身を吸い出します。
眼内レンズの挿入
眼内レンズの固定

近年、超音波水晶体乳化吸引装置折りたたみ眼内レンズによる創口が3mm以下の小切開手術の登場により、従来の方法に比べて格段に回復が早くなりました。手術は局所麻酔で、通常の場合は手術時間は10〜15分程度です。

進行した白内障(手術前
眼内レンズ挿入眼(手術後

※ 目の状態によっては、従来の術式(水晶体嚢外摘出術など)で やむを得ず創口を拡大しなけらばならない場合もあります。
※ 目に他の疾患や合併症がある方の場合、手術時間が長くなることがあります。
※ 通常は局所麻酔で手術をおこないますが、痴呆症状などの精神的異常のある方 過度に神経質な人、もしくは小児の場合などには全身麻酔もしくは鎮静剤の投与が必要な場合もあります。

 当院で白内障・眼内レンズ手術を受けられる方へ

上へ



眼内レンズ手術に必要な検査

手術をうけるにあたって問題がないかどうか、血液の検査、血圧測定などの全身検査や、網膜の働きを調べたり、眼内レンズの度数を決めるための検査が必要です。全身状態によっては、手術に支障をきたすこともありますので、他の内科医院や病院などで、検査を受けていただいく場合があります。現在、治療中の病気などがありましたら、必ず医師に申し出てください。

<眼科検査項目>
視力検査、角膜曲率半径、角膜内皮細胞検査、細隙灯顕微鏡検査・眼底検査(散瞳検査を含む)、眼圧検査、超音波検査(眼軸長検査/断層撮影)、網膜電位図、レチノメーター、結膜嚢培養検査 その他

上へ


手術後の通院は? 入院は必要ですか?

入院なしの日帰り手術が可能です。
回復の早い人なら手術翌日から視力改善が体感できますが、目の状態が安定するまでは十分な安静と点眼などの加療が必要です。通常の場合、術翌日、3日目、1週間後2週間後1ヶ月後・2ヶ月後に通院していただきますが、その後は定期的な検診以外に特別な手入れは必要ありません。両眼とも手術をされる方の場合、数日〜1週間程度あけて片眼ずつ行います。

目に他の病気や合併症がある人、糖尿病などの病気のある人では、頻回の通院が必要になることもあります。
視力回復の早さも個人差があります。お仕事をされている方には手術後の数日間は仕事を休むようにお勧めしています。
手術後は約1〜2ヶ月は点眼加療が必要です。また、目の状態が安定してからも、年に1〜2回は検診を受けるようにしてください。

上へ


手術の費用

白内障手術および眼内レンズ*の治療費用保険対象になります。

保険の種類

負担割合

自己負担額*

老人医療

1割

1万6千円程度

老人医療(高額所得世帯)

2割

3万2千円程度

国民健康保険

3割

4万8千円程度

社会保険(本人・家族)

3割

4万8千円程度


*金額は手術当日の検査、投薬等を含めたおおよその目安です。症状の程度によって治療内容や投薬内容がかわりますので、多少前後する場合があります。入院の方の場合、別途に一日あたりの入院費用及び個室差額ベッド代が必要です。

*窓口負担の合計額が一定額を超える場合、自己負担限度額を超える分が払い戻される高額療養費の制度があります。詳しくは社会保険庁のホームページをご参照ください。。

上へ


手術は痛いのですか?

手術は局所麻酔でおこないます。麻酔がよく効いていれば術中に強い痛みを感じることはまずありません。もし万が一、痛みを感じることがあれば麻酔を追加することも可能です。心配な方は医師とよく御相談ください。


手術時の注意事項(手術前、手術室内、手術後)

手術室入室前から、手術衣への着替え散瞳剤などの点眼血圧測定、があります。
手術前の食事は、午前中の手術の場合は朝食、午後 の手術の場合は昼食を抜いていただき、胃の中に食べ物が入ってない状態で手術を受けていただきます。 ただし、降圧薬などのいつも服用している薬は、飲んでもらう必要があるものもありますので、かならず事前に医師と相談しておいてください

入室前までに必ずトイレを済ましておくようにしましょう。
手術前後は必ずしも家族や関係者の付き添いは必要はありませんが、できれば手術を受けられるご本人の気分的な安静や手術後して帰宅時の安全のためにも、付き添いの方がつかれることを お勧めします。

手術は局所麻酔で行います。血圧計や心電図モニターの電極をつけ、目を洗眼して目の周囲を消毒し、仰向けに寝た状態で顔の上にカバーをかけて手術を行います。手術がはじまったら、急に顔や体を動かすことは非常に危険です。  手術中はまぶしい光が見えます。「下の方を見てください」「右の方を見てください」 「光の方向を見てください」などと、術者が目を向ける方向を指示しますので、なるべ く顔や体を動かすさず、目だけ指示された方向をじっとみるようにしてください。

1.全身の力を抜いて 

2.両方の目を楽に開けるようなつもりで 

3.指示された方向にじっと目を向ける(顔は動かさない)

その3点を心掛けていただければ、手術もよりスムーズに進行します。手術中はときどき医師や看護婦の方から声をかけますので、もし何か異常を感じるようなことがあれば、なるべく、そのときに言うようにしてください。

手術は約10〜15分程度で終わります。 医師を信頼し、精神的安定を心掛けましょう。

  ※目に他の疾患や合併症がある方の場合、手術時間が長くなることがあります

手術をした後、リクライニングチェアにてしばらく安静にしていただきます(手術後10〜15分程度) 。その後に専任のスタッフから手術後の注意事項の説明を受けたあと、徒歩にて帰宅できます。

手術直後は眼球保護のため眼帯を装着します。目をこすったり直接さわったりして圧迫しないように注意してください。
翌朝の診察まで眼帯をはずさない方が安全ですが、片目で不自由を感じる場合は手術直後より眼帯なしにすることも可能です。
ただし、寝るときなどは目を圧迫するとよくない場合もありますので、手術後の数日間は就眠時に保護眼帯を装着するようにおすすめしています。
(保護眼帯は手術を受けられる皆さんにお渡ししています)

 
上へ


手術後の日常生活

視力が回復しても、眼の状態が安定するまでは数週間以上かかるとされています。
せっかく よく見えるようになっても、手術後の加療をきちんとしないと取り返しのつかないことになりかねません。
油断は禁物です。手術後しばらくは点眼と定期的な診察が必要ですので、注意してお過ごし下さい。

うがい・歯磨き・ひげ剃り
手術直後から可。

シャワー・入浴
医師の許可がでるまで控えてください(手術後約1〜2日後)。
目の中 に水が入らないように十分に注意し、最初のうちはあまり熱い湯につからず、ぬるま湯 でさっと済ませるようにしましょう。
ただし洗顔する際は目の中に水が入らないよう十分に注意し、目の周囲を軽く拭く程度にして ください。

仕事・運動・旅行
術後しばらくは重いものを持ったり激しい運動は控えて、徐々にもとの生活に戻すようにしましょう。
特に手術後1ヶ月は旅行、出張等の遠出は控え、人混みなどや埃っぽい場所への出入りをなるべく 避けて無理をしないようにしましょう。

タバコ・飲酒
飲酒は医師の許可がでるまで必ず控えてください(手術後約3週間)。タバコはあまり重大な影響ありませんが、少し回復を遅らせることがあるため、手術直後は本数を控えめにした方がいいでしょう。
  

テレビ・読書
視力が回復し見え方が安定すれば、疲れない程度に目を使うことは全く問題ありません。
ただし手術前と度数も変わることが多いため、目の状態が安定してから以前の眼鏡を再調整する必要があります。(手術後3〜4週目以降が望ましい)
 

術後の回復には個人差もありますので、詳しくは医師とよく御相談ください。

上へ



手術後の眼鏡について

眼内レンズ(人工水晶体)は若い人の水晶体のように厚くなったり薄くなったりしてピントを調節する力がありません。老眼が進んだ目と同じで、見るものの距離にあわせて眼鏡を上手に使った方がさらに良好な視力を得ることができます。

通常はピントを「やや遠方〜中間距離に合わせた」眼内レンズを挿入する場合が多いですが、左右のバランス、手術前の度数、御本人の御希望、職業上の理由などにより、近くにピントを合わせる場合もあります。乱視のある方の場合には遠用と近用のそれぞれの眼鏡を持っていただいた方が良いでしょう。

手術前の検査の際に、挿入する眼内レンズの度数を決定します。
挿入する眼内レンズの度数をどのようにあわせるかについては手術前に医師とよく御相談ください。

手術を受けた後、手術前に使用していた眼鏡は度数があわなくなりますので、目の度数が安定してから眼鏡合わせをおこないます。(手術後3〜4週間以降が目安)

 ※最近は眼鏡ナシで遠くも近くも見えやすくする多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)が開発されています。→参考


 当院で白内障・眼内レンズ手術を受けられる方へ

 
Ferretアクセス解析