茅ヶ崎交響楽団第45回定期演奏会

指揮 山上 純司

司会およびナレーション 青島 広志

2006年5月14日(日)
13:30開場、14:00開演
茅ヶ崎市民文化会館大ホール
主催:茅ヶ崎交響楽団、後援:茅ヶ崎市教育委員会、(財)茅ヶ崎市文化振興財団

「ファミリー・コンサート」
青島広志 「イソップ動物記」
ルロイ・アンダーソン「ジャズ・ピチカート」「ジャズ・レガート」「セレナード」
ヴォーン・ウィリアムス「グリーンスリーブス幻想曲」
ヴェルディ アイーダより「凱旋行進曲」

(アンコール)ルロイ・アンダーソン 「忘れられし夢」
(アンコール)J.シュトラウス ラデッキー行進曲

 定評のある茅ヶ崎交響楽団の「ファミリー・コンサート」を開催します。今回は、「世界一受けたい授業」などでおなじみの青島広志の楽しい作品「イソップ動物記」を取り上げます。司会およびナレーションは作曲者自身が行います。また指揮はこの曲を初演した山上純司です。ルロイ・アンダーソンはボストン・ポップスのために多く作曲したアメリカの作曲家です。おしゃれな曲をお楽しみいただけます。イギリスの作曲家ヴォーン・ウィリアムスはみんなが知っている「グリーンスリーブス」を美しい作品にしてくれました。今年はドイツでサッカー・ワールドカップが開催されます。日本サッカーのテーマ曲と言えるぐらいになった「アイーダ」で盛り上げましょう。大人から子供まで、家族連れで楽しめるコンサートです。ごゆっくりお楽しみ下さい。


<指揮>山上 純司  junji YAMAGAMI

山上純司 1960年水戸市生まれ。東京芸術大学音楽学部指揮科卒業、同大学院音楽研究科指揮専攻前期修士課程修了。指揮を汐澤安彦、遠藤雅古、渡邉曉雄、ビクター・フェルドブリル各氏のもとで学ぶ。大学院2年次より作陽音楽大学に勤務、オーケストラ、吹奏楽および指揮法を担当。1994年3月まで専任講師、助教授を務めた。
 1990年より2年間北西ドイツ音楽アカデミー・デトモルト音楽大学に留学。カール・ハインツ・ブレメケ教授、ペーター・ヤコビー教授らのクラスで、主にオペラの指揮を学ぶ。また、モーシェ・アツモン、ガリー・ベルティーニ、ミヒャエル・ギーレン、ミクローシュ・エルディリー各氏からも指導を受ける。留学中よりルーマニア国立オラディアフィルハーモニー交響楽団、チェコの西ボヘミア交響楽団、ポーランドのフィルハーモニア・ズデッカなどの定期演奏会に出演。また、ドイツではオッフェンバックのオペレッタ「CROQUEFER」の公演を指揮した。日本ではこれまでに群馬交響楽団を始め、ニューフィル千葉、神奈川フィル、名古屋フィル、大阪フィル、オーケストラアンサンブル金沢、岡山フィル、広島交響楽団、札幌交響楽団などを指揮している。オペラの分野では、「ラ・ボエーム」、「蝶々夫人」、「椿姫」、「カルメン」、「こうもり」、「フィガロの結婚」、「コシ・ファン・テゥッテ」等を指揮している。2003年1月、ハイドンの「無人島」で新国立劇場初登場。
 茅ヶ崎交響楽団では、1985年の第3回定期演奏会より永年にわたり、ご指導いただいている。

青島広志

<司会およびナレーション>青島 広志 hiroshi AOSHIMA

 世界一受けたい授業、題名のない音楽会などでおなじみの音楽家青島広志は1955年生まれ。東京芸術大学大学院を首席で修了。修了作品のオペラ「黄金の国」(遠藤周作・原作)が同大図書館に購入され、過去2回の東京都芸術祭主催公演となる。作曲家としては「火の鳥」(手塚治虫・原作)「黒蜥蜴」(三島由紀夫・原作)のほか7作のオペラ、「マザー・グースの歌」などの合唱曲、「イソップ動物記」「モチモチの木」などの管弦楽曲に至るまで、広い範囲の作品を残している。1980年より放送の分野に進出し、NHK、テレビ朝日、日本テレビなど多くの番組に出演する。指揮者、ピアニストとしての活動も多岐にわたる。東京芸術大学・都留文科大学・都立芸術高校各講師、東京室内歌劇場運営委員、日本現代音楽協会、作曲協議会会員。


演奏曲目について

青島広志(1955-) 「イソップ動物記」

青島広志 群馬交響楽団からの委嘱により1988年に作曲されたこの曲は、本日の指揮者山上純司により群馬県内の小学校音楽鑑賞教室で初演さました。「青少年のためのオーケストラ入門」という副題が付いているとおり、音楽を題材にオーケストラの編成と楽器を説明していくような内容になっています。とは言っても、大人にとっても充分楽しめます。イソップにより紀元前6世紀に描きはじめられ、洗練されてきた動物などを主人公にした寓話が、厳しい社会を生き抜く現代人に日常のいろいろなシーンを思い出させるからでしょうか。練習していても思わず胸に手を当てることがある。
<使用上の注意> 登場する動物たちや楽器、演奏する奏者は表現するために使われているため、必ずしも同じ性格を持っていたり同様の行動をすることはありません。また、生態学的にも正しく描かれているわけではありません。お取り扱いには充分にご注意して下さい。
 1.  ファンファーレ 狼がきたー!
 2.  弦楽器〜おおかみの影
 2a. ヴァイオリンとヴィオラ〜キリギリスとあり
 2b. チェロとコントラバス〜ウサギとカメ
     ハープ〜コウモリ
 3&3a. 木管楽器とファゴット〜キツネとぶどう
 3b. クラリネット、オーボエ、フルート〜金のおの
 4.  ホルンと木管楽器〜北風と太陽
 5.  金管楽器〜胃とからだ
 6.  打楽器〜ウシとかえる
 7.  フィナーレと動物づくし
 7a. 動物づくしによる体をきたえようソング

バーンスタイン(1918-90)  「キャンディード」序曲

 18世紀の社会・思想への痛烈な批判を、主人公カンディードの過酷な運命に託したフランスの啓蒙思想の巨人ヴォルテール(1694-1778)の代表作、小説「カンディード」(植田祐次訳/新訳岩波文庫、吉村正一郎訳/岩波文庫)をテキストとしたミュージカル(あるいはオペレッタ)の序曲。第二次世界大戦後のアメリカの「赤狩り(red purge)」あるいはマッカーシズムを中世の宗教裁判のシーンになぞらえ、それらに対する批判的な作品であると言われている。政治家に対峙する哲学者のいない現代、多才な自由主義思想家ヴォルテールが生きていたら何と言ったでしょうか。
 この序曲は躍動的で大団円をイメージさせる楽しい曲です

ルロイ・アンダーソン(1908-75)

 ハーバード大学で言語学の研究者だったルロイ・アンダーソンは、指揮者アーサー・フィードラーの要請で作曲した「ジャズ・ピチカート」と「ジャズ・レガート」が聴衆から高い評価を得ました。軍人を経て第二次世界大戦後、本格的に作曲家として活躍を始め、アーサー・フィードラー指揮ボストンポップスオーケストラ向けに多くの作品を作曲し「アメリカのヨハン・シュトラウス」と称されるようになりました。「セレナータ」は、ラテンのリズムに乗ったゴージャスなメロディで楽しめる曲です。曲の後半のホルンによるダイナミックなメロディが特徴です。

ヴォーン・ウィリアムス(1872-1958) 「グリーンスリーブス幻想曲」

 イギリスの古い民謡「グリーンスリーブス」は美しいメロディにより世界中で愛されています。民族音楽を多く作品に取り入れたヴォーン・ウィリアムスはアマチュア・オーケストラのために編曲しました。

ヴェルディ(1813-1901)歌劇「アイーダ」より「凱旋行進曲」

 ヴェルディはサッカーに縁の深い作曲家です。サッカー選手の中田英寿が活躍していたイタリアのパルマは作曲家ヴェルディの生地。現在ACパルマと呼ばれているチームは、前身をヴェルディFCとよばれ、作曲家ヴェルディの生誕100年を祝って1913年に結成されました。そして、サッカーワールドカップのテーマ曲ともなった壮大なスケールの曲がこの曲です。特に日本ではサポーターの大合唱で有名になりました。今年2006年、ドイツでのサッカーワールドカップはまもなく開幕、いよいよ盛り上がってきました。一緒に日本チームを応援しましょう。
 1871年、スエズ運河開通を祝ってカイロに建設されたオペラハウスの柿落としのために作曲されたこのオペラ(歌劇)は、古代エジプトとエチオピアとの戦いを舞台に、将軍と愛し合っていた奴隷女アイーダを主人公にした物語を題材にしています。この凱旋行進曲は、エチオピアとの戦いに勝ちエジプト中から賞賛された将軍がエジプトの都市テーベにエチオピアからの捕虜と奴隷たちを連れて凱旋したシーンで演奏されます。

プログラム(中面)ダウンロード(PDF)



茅ヶ崎交響楽団



 お問い合わせ先:NQ2K-HMD@asahi-net.or.jp
 Copyright(C) 1996-2007 Chigasaki Symphony Orchestra All Right Reserved.