メニューから [ツール(T)] で指定されるメニューについての説明です。


 QUEUE 処理開始

このメニューを選択するとキュー処理が開始され、送信に失敗したメールはただちに送信が試みられます。
サーバが停止している場合は、グレイアウトされて選択することができません。

※ ここでの送信失敗とは、送信先ドメインのアドレス検索に失敗した場合や、送信先サーバとの接続に失敗した場合で、 送信先サーバから明確なエラーが返ってきた場合(ユーザ名無効・リレー禁止など )は、直ちにエラーメールとして処理されます。

※ エラーメールは、送信者に返されますが、エラーのエラーなど、送信者に送ることができないものは postmaster のメールボックスに返されます。

 自動受信 処理開始 (W)

自動受信で設定されたPOP3サーバからメールを受信します。
サーバが停止している場合は、グレイアウトされて選択することができません。

 サーバ起動 (X)

DNSサーバおよびメールサーバを起動します。
サーバが起動している場合は、グレイアウトされて選択することができません。

 サーバ停止 (Y)

DNSサーバおよびメールサーバを停止します。
サーバが停止している場合は、グレイアウトされて選択することができません。

 サーバ再起動 (Z)

DNSサーバおよびメールサーバを停止し、再度起動します。
サーバが停止している場合は、グレイアウトされて選択することができません。