メニューから [設定(S)] で指定されるメニューについての説明です。


 ユーザ(U)

メールサーバのユーザを指定することができます。

ユーザ 設定ダイアログ

ユーザ名
メールサーバを利用するユーザ名を入力します。
  1. 大文字小文字は区別されません。
  2. MAILER-DAEMON及びpostmasterのアカウントは削除しないで下さい。
    (エラーメールの受信用)

パスワード
利用するユーザのパスワードを入力します。
  1. "no"を指定しているユーザは、ログイン(受信)できません。
  2. アルファベット、数字、記号などの印刷可能な文字が全て使用できます。
    (注:空白は使用できません)
パスワードの制限は、 パスワードのポリシー に従います。

追加ボタン  ユーザ名、パスワードに入力された値を追加します。
削除ボタン  一覧から選択したユーザを削除します。
編集ボタン  一覧から選択したユーザを修正したユーザ名、パスワードに変更します。

>> クライアントからのパスワードの変更

 エリアス(A)

配信先のユーザ名を変更したり、1つのユーザ名に来たメールを複数のユーザに配信したりすることができます。

エリアス

ユーザ名
メールの宛先として利用し、別名への変換対象となるユーザ名を入力します。
  1. 大文字小文字は区別されません。
  2. 登録済みのユーザ名を入力することはできません。

別名
別名を変換するユーザ名を指定します。登録されているユーザ名及び他ドメインのユーザ名を入力することができます。
  1. 大文字小文字は区別されません。
  2. 登録していないユーザを入力すると再起動時にエラーになります。

追加ボタン  ユーザ名、別名に入力された値を追加します。
削除ボタン  一覧から選択した別名を削除します。
編集ボタン  一覧から選択した別名を修正したユーザ名、別名に変更します。

>> エイリアスの設定例

 自動受信(R)

サーバからメールを定期的に受信することができます。

自動受信 設定ダイアログ

自動受信するサーバを複数設定することができます。

追加ボタン  自動受信の設定を追加します。
削除ボタン  一覧から選択した自動受信の設定を削除します。
編集ボタン  一覧から選択した自動受信の設定を編集します。

>> 自動受信が設定された場合の起動時ログ
>> 受信状態保存ファイルについて

 自動受信 個別設定
追加又は編集ボタンをクリックすると以下のダイアログが表示されます。

自動受信 個別設定ダイアログ

受信間隔
自動受信周期を分で指定します。デフォルトは、0(自動受信しない)

サーバ
接続先サーバ名又はアドレスを指定します。(必須項目)

ポート
接続先サーバのポートを指定します。(デフォルト110)

ユーザ名
POP3サーバに登録されているユーザ名を指定します。(必須項目)

パスワード
POP3サーバに登録されているパスワードを指定します。(必須項目)

配信先
配信先の登録済みのユーザ名を指定します。
  1. 配信先は1ユーザのみ指定できます。
  2. 複数のアカウントに転送したい場合は、別名を使用してください。
同期
ラジオボタンサーバにメールを残す   分
指定された分以内のメールは残し、超えたメールは削除します。
[例]
7200分:受信した日から7200分(60*24*5=5日間)はサーバに残します。

ラジオボタンメールボックスと同期する
配信先に指定したユーザのメールボックスと同期します。
  1. 配信先にローカルのユーザが指定された場合のみ使用できます。
  2. 指定されたローカルユーザのメールボックスから、メールが削除された時点で、サーバのメールを削除します。
  3. 別名で他のユーザに転送された場合や、配信先が外部のアドレスの場合は、同期することができません。

ラジオボタンサーバから削除する
メール受信後、ただちにサーバのメールを削除します。

※ 必須項目が指定されていない場合登録できません。
※ 必須項目以外は省略された場合、自動的にデフォルトの値に設定されます。
※ 同期処理は、サーバがUIDLコマンドに対応していない場合は、利用することができません。

 ヘッダ変換(H)

Radish がメールサーバとして、クライアントからメールを受け付ける時点で、 そのヘッダの変換及び追加をする機能です。
メールを受け取った後、Radish 自身が、MTAとして追加するヘッダなどなどには影響がありません。
あくまで、メールクライアントが追加したヘッダに対する処理のみを行っています。

ヘッダ変換 設定ダイアログ 置換

パターン文字列
メールヘッダの中で変換する対象となるパターン文字列を入力します。

置き換え文字列
パターン文字列を置き換える文字列を入力します。

※パターン文字列及び置き換え文字列には、正規表現が指定できます。

>> ヘッダ変換の設定例

追加ボタン  置換文字列設定を追加します。
削除ボタン  一覧から選択した置換文字列設定を削除します。
編集ボタン  一覧から選択した置換文字列設定を変更します。

ヘッダ変換 設定ダイアログ 追加

追加文字列
メールヘッダに追加する文字列を入力します。

追加ボタン  追加文字列設定を追加します。
削除ボタン  一覧から選択した追加文字列設定を削除します。
編集ボタン  一覧から選択した追加文字列設定を変更します。

>> ヘッダの追加・置き換えが行われた場合のログ

 ホスト(Z)

DNS検索に依存しない、メールの転送が可能になります。
>>> New V3.0.0-b32より <<<
セキュリティ対策として、SMTP認証が利用できるようになりました。

ホスト 設定ダイアログ

対象ドメイン名 >>> Mod V3.0.0-b32より <<<
DNS検索をしないドメイン名を入力します。
ドメイン名には、* の使用が可能です。
* のみ指定すると全てのドメインが対象となります。
hoge.* と指定すれば hoge.ne.jp hoge.co.jp 等、hoge. で始まるドメインが全て対象になります。
(先頭から一致したところまでで判断しますので、hoge. でも同様な効果になります。)
複数行指定した場合は、上から順に検索して最初に一致したドメインに指定された転送サーバに送信しますので、 登録する順序に注意してください。

※ 自ドメイン宛てのメールは対象外なので、全てのメールを転送するのであれば、 SMTP/POP3サーバのドメイン名は、存在しないものを指定して下さい。

転送サーバ >>> Mod V3.0.0-b32より <<<
対象ドメイン宛のメールを転送するサーバのアドレスをFQDN、またはIPアドレスで指定します。

ポート番号 >>> New V3.0.0-b32より <<<
対象ドメイン宛のメールを転送するサーバのポート番号を指定します。

従来、多くのメールサーバではメーラーや他のメールサーバからメールを受け付けるために25番ポートを利用していましたが、 近年ウィルスメール、迷惑メール、フィッシングメール等が増加してきたため、セキュリティ対策として25番ポートブロック (Outbound Port25 Blocking : OP25B)を採用するプロバイダが増えてきました。
これは、クライアントPCやLAN内のメールサーバからインターネット上のプロバイダ以外のメールサーバへ直接メールを送信できないように 25番ポートをブロックする替わりに、サブミッションポート(587番ポート)とSMTP認証を組み合わせて正規ユーザから受信した メールを目的のサーバへ転送するというものです。

25番ポートブロックに関する詳しい情報は、契約しているプロバイダの対策方法を参照してください。

チェックボックスSMTP認証 >>> New V3.0.0-b32より <<<
サーバがセキュリティ対策としてSMTP認証を要求している場合にチェックします。
チェックするとSMTP認証用のユーザ名とパスワードが入力できるようになります。

ユーザ名 >>> New V3.0.0-b32より <<<
サーバがセキュリティ対策としてSMTP認証を要求している場合に、認証用ユーザ名を入力します。
認証用ユーザ名には、POP3のアカウントや専用アカウントを利用する方法がありますので、詳しくは契約している プロバイダの設定方法を参照してください。

パスワード >>> New V3.0.0-b32より <<<
サーバがセキュリティ対策としてSMTP認証を要求している場合に、認証用ユーザ名に対応するパスワードを入力します。
設定する内容は、契約しているプロバイダの設定方法を参照してください。


追加ボタン  ドメイン設定を追加します。
削除ボタン  一覧から選択したドメイン設定を削除します。
編集ボタン  一覧から選択したドメイン設定を変更します。


>> 登録されたホストからアドレスが取得された場合のログ

[使用例1] メールHUBとして設定 
ドメイン名*
IPアドレス192.168.1.1

[使用例2] MXレコードを参照しない転送先指定
ドメイン名domain
IPアドレス192.168.1.1

 DNSサーバ(D)

DNSサーバとしてクライアントから照会された名前を解決します。

DNSサーバ

バインドアドレス
サーバとして起動(Listen)するネットワークカード(アドレス)を指定できます。
デフォルトでは、localhost(127.0.0.1)のみバインドされています。
localhost以外に接続を許す場合は、そのネットワークカードのアドレスを指定して下さい。

>> バインドアドレスの設定例

ポート番号
待ち受けるポート番号を入力します。(デフォルト 53)
他と重ならない番号を指定してください。

チェックボックス接続元の名前検索を実施する
Radish が稼動するサーバのIPアドレスから名前解決を行います。

チェックボックス再帰検索をしない
照会された名前がキャッシュ情報及びゾーン情報から見つからない場合、他のDNSサーバに名前解決を依頼するか否かを設定します。
チェックすると他のサーバに名前解決を依頼しません。

ドメイン定義ディレクトリ
ドメイン定義ファイル named.ca が存在するディレクトリを入力します。
右にある参照ボタンをクリックしてディレクトリを選択することもできます。

ログ
詳細タイプ
ラジオボタン生成しない
ログは記録されません。
ラジオボタンエラー・セキュリティのみ
エラー・セキュリティ関連のログだけ記録されます。
ラジオボタン標準
エラー・セキュリティ関連に加えてサーバの開始メッセージ等のログが記録されます。
ラジオボタンデバッグ
標準のログの他にデバッグ用のログが記録されます。
ラジオボタンデバッグ(詳細)
標準のログの他に詳細なデバッグ用のログが記録されます。

生成ファイル >>> New V3.0.0-b21より <<<
ラジオボタン一定
ログは毎回 mail.log ファイルに記録されます。
ラジオボタン月ごと
ログは月ごとに mail.yyyy.mm.log ファイルに記録されます。
ラジオボタン日ごと
ログは日ごとに mail.yyyy.mm.dd.log ファイルに記録されます。

yyyy=西暦4桁 mm=月(01〜12) dd=日(01〜31)

保存ディレクトリ
ログファイルを記録するディレクトリを入力します。
右にある参照ボタンをクリックしてディレクトリを選択することもできます。




































 ヘッダ変換の設定例

1.パターンに一致するヘッダを削除する
[例] Message-ID: で始まる行を削除する。

パターン文字列 Message-ID: .*
置き換え文字列 指定しない

2.パターンに一致するヘッダを変更する
[例] X-Mailer: Microsoft Outlook Express の行を置き換えて、バージョンを変更する。

パターン文字列 X-Mailer: Microsoft Outlook Express 5.00.2615.200
置き換え文字列 X-Mailer: Microsoft Outlook Express 5.50.41332400

※ 次のような指定でも、同様の効果を得ることができます

パターン文字列 (X-Mailer: Microsoft Outlook Express) 5.00.2615.200
置き換え文字列 $1 5.50.41332400

パターン文字列 (X-Mailer: Microsoft Outlook Express) .*
置き換え文字列 (どんなバージョンにも対応できます)

3.パターンに一致するヘッダを変更する
[例] X-Mailer: で始まる行をX-Mailer: Becky! ver 1.25.07に置き換える。

パターン文字列 X-Mailer: .*
置き換え文字列 X-Mailer: Becky! ver 1.25.07

 エイリアスの設定例

[例] ユーザにuser1 user2 user3 が登録されている場合

  1. エラーにならない (最終的にxxxは、user3に定義されている)
  2. yyyuser1,user2,xxx
    xxxuser3

  3. エラーになる (最終的にuser4は、正規のユーザではない)
  4. yyyuser1,user2,xxx
    xxxuser4
    ※ 他の別名指定で、ユーザ名が解決されている場合は、エラーにはなりません。

  5. エラーにならない (最終的にuser4は、別名としてuser3に定義されている)
  6. yyy user1,user2,xxx
    xxx user4
    user4user3