メニューから [設定(S)] で指定されるメニューについての説明です。


 サービス(N)

Radish をサービスとして登録/削除、および開始/停止することができます。

!! 注意 !! V3.0.0-b19 までは正常に機能しません。
>>> New V3.0.0-b20以降、正常に機能するようになりました。<<<

 サービス登録
Radish をサービス化することができます。
Radish を起動すると自動的にサーバが起動するため、[サービス(N)] はグレイアウトされています。

[操作手順]
  1. [ツール(T)] - [サーバ停止(P)] でサーバ機能を停止します。
  2. [設定(S)] - [サービス(N)...] でサービス設定ダイアログを開きます。
サービス 設定ダイアログ(未登録)

登録
サービスを登録します。
正常に登録できるとダイアログが変わり、状態が「停止」になります。
また Radish のウィンドウはグレイになり、 [表示(V)] と [ツール(T)] がグレイアウトされて選択できなくなります。

サービス 設定ダイアログ(登録済み)

スタートアップの種類を指定することができます。

自動
システムが起動する際に自動的にサービスが開始されます。

手動
自動的にサービスは開始されません。
サービスは、ユーザまたは従属プログラムによって開始されます。

無効
サービスはシステム、ユーザ、従属プログラムいずれによっても開始されません。


サービスが登録されたことは [コントロールパネル] - [管理ツール] - [サービス] でも確認することができます。
またスタートアップの種類もここから変更することができます。

サービス一覧

 サービス開始/停止
サービスを開始または停止することができます。

サービス 設定ダイアログ(登録済み)

開始
サービスを開始します。
正常にサービスが開始されると状態が「開始」になります。

停止
サービスを開始します。
正常にサービスが停止する状態が「停止」になります。

状態確認
最新の状態を表示します。


サービスの開始/停止は [コントロールパネル] - [管理ツール] - [サービス] から操作することもできます。

サービス一覧

 サービス削除
Radish のサービス登録を削除することができます。
開始している時は、停止後に削除されます。

すでにサービス登録している状態で Radish を起動すると以下のダイアログが表示されます。

サービス開始エラーダイアログ

これは Radish が起動する際に自動的にサーバ起動するためで、問題ありません。
[OK]ボタンをクリックすると 「サービス設定」ダイアログが表示されます。

サービス 設定ダイアログ(登録済み)

正常に削除された場合は、未登録状態に戻ります。

サービス 設定ダイアログ(未登録)