エラーメッセージについての説明です。

形式は次の通りです。
[date][thread-id] メッセージ

■ エラー・セキュリティメッセージ
● 標準メッセージ
▲ デバッグメッセージ
▼ デバッグ(詳細)メッセージ

 MAIL サーバ共通メッセージ

■ Syntax Error [mail.confのパス:エラーレコード]

mail.confファイルに未定義のキーワードが見つかりました。
手動で修正したことによりエラーになった場合は、設定ダイアログで再設定してください。
設定ダイアログしか使用していない場合は、エラーレコードを連絡してください。

■ MAIL-SAVE ERROR [別名登録ユーザ] は、ロカールユーザではありません。

メールを保存する際に別名から展開されたユーザは、ローカルユーザとして登録されていませんでした。
エイリアスの別名に登録されているユーザ名と ユーザに登録されているユーザ名を確認してください。


■ Folder ERROR [フォルダ名]

メール保存時にフォルダの作成に失敗しました。
ディスクの状態を確認してください。


● APPEND host=メールサーバ名[IPアドレス] from=<差出人アドレス> to=<宛先アドレス> id=メール識別 size=メールサイズ state=[seccess/error] (保存ファイル名)

ファイル名で示されるファイルにメールが追加されました。


● MAILBOX host=メールサーバ名[IPアドレス] from=<差出人アドレス> to=<宛先アドレス> id=メール識別 size=メールサイズ state=[状態]

ファイル名で示されるメールボックスにメールが追加されました。


● MAIL-BOX raise numerical value of a counter (カウンター)

エラーメール処理として再送カウンターを1つ上げました。

▲ CRON 「キュー処理」及び「自動受信」は、下記の時間に処理されます。
   hh:mm hh:mm hh:mm
▲ CRON 「キュー処理」は、下記の時間に処理されます。
   hh:mm hh:mm hh:mm
▲ CRON 「自動受信」は、下記の時間に処理されます。
   hh:mm hh:mm hh:mm

SMTP/POP3 サーバ - 基本設定 の「キュー常時処理」と「自動受信常時処理」のいずれか、 または両方をチェックし、かつ、Cron.Conf ファイルに実行時間を指定した場合に上記のいずれかのメッセージと実行時間を表示します。

 SMTP サーバ関連メッセージ

■ SMTP-SERVER ERROR Relay operation rejected (宛先アドレス) from ホスト名[IPアドレス]

中継を禁止されたホストからローカルユーザ以外の宛先に対するメール送信要求を拒否しました。
中継を許可する場合は、
中継許可にIPアドレスを追加してください。


■ SMTP-SERVER ERROR UUDP address disconnect (宛先アドレス) from ホスト名[IPアドレス]

UUCPアドレスはサポートしていないため、メール送信要求を拒否しました。


■ SMTP-SERVER ERROR User unknown (宛先アドレス) from ホスト名[IPアドレス]

登録されていないローカルユーザに対するメール送信要求を拒否しました。
宛先を確認してください。


■ SMTP-SERVER 552 Requested mail action aborted: exceeded storage allocation size=xxxbyte

受信サイズ制限を超えたため、処理を中断しました。
もっと大きなサイズのメールを送信できるようにするには
受信サイズ制限の値を増やしてください。


■ SMTP-SERVER ERROR LineRecv

クライアントからのメールの受信中にソケットがクローズされた、または終了要求により処理を中断しました。
エラーが多発する場合は通信状況を確認してください。


■ SMTP-SERVER ERROR LineRecv ( timeout )

クライアントからのメール受信中にタイムアウトが発生しました。
エラーが多発する場合は、SMTPサーバのタイムアウト値を増やしてください。


■ SMTP-SERVER ERROR LineRecv ( buffer over )

クライアントから受信したメールの1行の長さが最大値(9,064バイト)を超えたため、処理を中断しました。
1行の長さは1,000バイト以下にする必要がありますので、メーラーの開発元にご相談ください。


■ SMTP-CLIENT Connet TimeOut SMTPサーバIPアドレス (From:<差出人アドレス> To<宛先アドレス>)

SMTPサーバに接続しようとしましたが、 一定時間 応答がありませんでしたので処理を中断しました。
メールはキューに蓄積されます。
蓄積されたメールは、次回の キュー処理 または ツール(T) - QUEUE処理開始 で再送されます。


■ SMTP-CLIENT ERROR LineRecv

SMTPサーバから応答の受信中にソケットがクローズされた、または終了要求により処理を中断しました。
エラーが多発する場合は通信状況を確認してください。


■ SMTP-CLIENT ERROR LineRecv ( timeout )

SMTPサーバから応答の受信中にタイムアウトが発生しました。
エラーが多発する場合は、SMTPクライアントのタイムアウト値を増やしてください。


■ SMTP-CLIENT ERROR LineRecv ( buffer over )

SMTPサーバから受信した1行の長さが最大値(9,064バイト)を超えたため、処理を中断しました。
1行の長さは1,000バイト以下にする必要がありますので、メーラーの開発元にご相談ください。


■ SMTP-CLIENT ERROR Replay (応答メッセージ)

SMTPサーバから受信した応答メッセージの形式が正しくないため、処理を中断しました。
接続先するSMTPサーバが間違っている可能性がありますので確認してください。


■ SMTP-CLIENT ERROR make return mail

SMTPサーバからエラーの応答が返されたため、送信元へ返すエラーメールを作成しようとしましたが失敗しました。
ファイルシステムに問題がある可能性がありますので、確認してください。


■ SMTP-CLIENT ERROR Server (応答メッセージ)

SMTPサーバから応答コード 5xx (永続的失敗)を受信したため、処理を中断しました。
メールは送信元にエラーメールとして戻されます。
おそらく再送しても失敗しますので、メッセージを確認して間違いを直してから送信してください。


■ SMTP-CLIENT ERROR Send

SMTPサーバに対してデータを送信中にエラーが発生しました。
通信状態やSMTPサーバ自体、相性等の問題が考えられます。 何度やっても失敗する場合は、トレースを取ってエラーになった場所を特定して報告してください。


● SMTP-SERVER Started. [バインドアドレス:ポート(TCP)]

SMTPサーバが起動時し、Listenを開始しました。


● SMTP-SERVER Faild. [バインドアドレス:ポート(TCP)]

SMTPサーバの起動に失敗しました。
アドレスが間違っている、またはポートが重なっている可能性がありますので、確認してください。


● SMTP-SERVER {HELO/EHLO} Connected from クライアントホスト名[IPアドレス]

クライアントから接続されました。


● SMTP-SERVER POP Before SMTP Relay operation (宛先アドレス) from ホスト名[IPアドレス]

POP Before SMTP により認証されたため、メールを中継しました。


● QUEUE-THREAD host=SMTPサーバドメイン名[IPアドレス] from=<差出人アドレス> to=<宛先アドレス> id=メール識別子 size=メールサイズ Relay Success

SMTPサーバに対してメールが正常に中継されました。


▲ SMTP-SERVER Heda Adition [X-Mailer: radish]

ヘッダの追加が行われました。ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。


▲ SMTP-SERVER Heda Replace [Message-ID: .*]->[xxx]
▲ SMTP-SERVER Heda Replace [X-Mailer: .*]->[xxx]

ヘッダの置換が行われました。ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。


▲ SMTP-SERVER Connected from クライアントホスト名[IPアドレス]

クライアントから接続されました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。


▲ SMTP-SERVER DisConnect

クライアントとの接続が切断されました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。


▲ SMTP-CLIENT Connected SMTPサーバのIPアドレス (From:<差出人アドレス> To<宛先アドレス>)

SMTPサーバに対して接続しました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。


▲ SMTP-CLIENT DisConnect SMTPサーバのIPアドレス (From:<差出人アドレス> To<宛先アドレス>)

SMTPサーバとの接続が切断されました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。

 POP3 サーバ関連メッセージ

■ POP3-SERVER ERROR LineRecv

クライアントからメール送信に対する応答を受信する際にソケットがクローズされた、または終了要求により処理を中断しました。
エラーが多発する場合は通信状況を確認してください。


■ POP3-SERVER ERROR LineRecv ( timeout )

クライアントからメール送信に対する応答を受信中にタイムアウトが発生しました。
エラーが多発する場合は、
POP3 サーバのタイムアウト値を増やしてください。


■ POP3-SERVER ERROR LineRecv ( buffer over )

クライアントから受信したメール送信に対する応答の長さが最大値(9,064バイト)を超えたため、処理を中断しました。
1行の長さは1,000バイト以下にする必要がありますので、メーラーの開発元にご相談ください。


■ POP3-SERVER ERROR user Double login from ホスト名[IPアドレス]

重複ログインを検出しました。
POP3サーバは、同一アカウントでの重複ログインはできません。


■ POP3-SERVER ERROR [AUTH] (user:pass) from ホスト名[IPアドレス]

認証に失敗したアクセスを検出した場合に上記のエラーを出力します。
ブルートフォースアタックへの(総当り攻撃)対処するために、ユーザ名が無効、 もしくは、パスワードが間違っている場合のレスポンスに対してある程度の待機時間を 置く必要があります。(デフォルトで20秒)
ただし、あまり長い時間を指定すると、DOSの対象になってしまう可能性があります。


■ MAIL-SERVER ERROR ユ-ザ名と同一のパスワードは指定できません。(user は無効です)
■ MAIL-SERVER ERROR パスワードは、8文字以上必要です。(user は無効です)
■ MAIL-SERVER ERROR パスワードには、数字が含まれている必要があります。(user は無効です)
■ MAIL-SERVER ERROR パスワードには、英大文字が含まれている必要があります。(user は無効です)
■ MAIL-SERVER ERROR パスワードには、英小文字が含まれている必要があります。(user は無効です)
■ MAIL-SERVER ERROR パスワードには、記号が含まれている必要があります。(user は無効です)

パスワードのポリシー に設定された条件に反するパスワードが設定されている場合、起動時に上記のエラーを出力します。


● POP3-SERVER Started. [バインドアドレス:ポート(TCP)]

POP3サーバが起動時し、Listenを開始しました。


● POP3-SERVER Faild. [バインドアドレス:ポート(TCP)]

POP3サーバの起動に失敗しました。
アドレスが間違っている、またはポートが重なっている可能性がありますので、確認してください。


● POP3-SERVER ユーザ名 Login from クライアントホスト名[IPアドレス]

ユーザがログインしました。


▲ POP3-SERVER Connected from クライアントホスト名[IPアドレス]

クライアントから接続されました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。


▲ POP3-SERVER DisConnect

クライアントとの接続が切断されました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。

 DNS サーバ関連メッセージ

■ DNS-SERVER ERROR Syntax Error [dns.conf:RootCacheFile="directory\named.ca"]

古いバージョンのdns.conf を使用すると、上記のようなエラーが出る場合があります。

[設定] - [DNSサーバ] で設定ダイアログを開いて、「OK」ボタンを押すことで、 次回から表示されなくなります。


■ name not found [named.caファイルのレコード]

ネームサーバの定義が見つかりませんでした。
named.caファイルの内容を確認してください。


■ DNS-SERVER ERROR GetA() NS Server not found (Target=ドメイン)

ネームサーバが見つかりませんでした。


■ name not found [DNSレコード]

DNSレコードにドメイン名またはホスト名が見つかりませんでした。
named.caファイルの記述を確認してください。

[例]
(ドメイン名) (TTL) IN NS (DNSサーバ名)
(ホスト名)      IN A (IPアドレス)


■ syntax error [DNSレコード]

DNSレコードのタイプに"NS"または"A"以外が指定されている、 若しくはパラメータが不足しています。
named.caファイルの記述を確認してください。

[例]
(ドメイン名) (TTL) IN NS (DNSサーバ名)
(ホスト名)      IN A (IPアドレス)


■ DNS-CLIENT Connet TimeOut

DNSサーバから(3秒間)応答がありませんでした。
ネットワークが切断されている、またはDNSレコードの定義が間違っている可能性があります。
ネットワーク及びnamed.caファイルの記述を確認してください。


■ DNS-CLIENT Packet Error

DNSサーバから受信したパケットが正しく解釈できませんでした。
通信状況を確認してください。
同じエラーが何度も発生する場合は、デバッグ(詳細)ログを連絡してください。



● DNS-SERVER Started. [サーバ名:ポート番号({TCP/UDP})]

DNSサーバが起動する際に上記のログが表示されます。


● DNS-SERVER Faild. [サーバ名:ポート番号({TCP/UDP})]

DNSサーバが起動に失敗しました。


▲ DNS-SERVER Connected(TCP/UDP) from ホスト名[IPアドレス] Query ターゲット DNSタイプ (RCode=応答コード)

DNSサーバへ接続した場合は、ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" で上記のログが出力されます。


▼ DNS-SERVER Lookup Request ターゲット DNSタイプ

ログレベルが "デバッグ(詳細)" で、名前解決の要求が出されました。


▼ DNS-SERVER Lookup Result ターゲット A -> IPアドレス TTL xxx
▼ DNS-SERVER Lookup Result ターゲット NS -> ネームサーバ TTL xxx
▼ DNS-SERVER Lookup Result ターゲット MX -> NSリスト順序 メールエクスチェンジ TTL xxx
▼ DNS-SERVER Lookup Result ターゲット PTR -> サーバ名 TTL xxx
▼ DNS-SERVER Lookup faild.

ログレベルが "デバッグ(詳細)" で、名前解決の結果が出力されます。

 エリアス関連メッセージ

■ ALIASES ERROR List(1000) Over Max=xxxx

別名の最大数(1000)を超えてしまいました。最大数以下になるように別名を削除してください。


■ ALIASES ERROR Not found : [xxx]

別名の保存データ形式に「:」が見つかりませんでした。ファイルが壊れている可能性があります。
該当する別名を編集するか、aliases.confを削除して、最初から登録してください。


■ ALIASES ERROR Syntax error : [xxx]

別名にユーザが登録されていませんでした。ファイルが壊れている可能性があります。
該当する別名を編集するか、aliases.confを削除して、最初から登録してください。


■ ALIASES ERROR aliases.conf で指定された xxx は、ユーザではありません。(xxxは無効です)

別名には別名も指定できますが、最終的に別名しか解決しない場合(ユーザでない場合) 上記のエラーが出力され、指定が無効になります。


■ ALIASES ERROR Too long [テキスト]

別名に保存されている1行が最大値(9064バイト)を超えました。 登録されているユーザを削除してください。


● 別名: ユーザ名1,ユーザ名2,ユーザ名3

[表示(V)] - [エリアス(A)] を選択すると、別名の設定を表示します。

 自動受信関連メッセージ

■ AUTO-MUA Syntax Error [自動受信定義ファイル名:キーワード]

自動受信設定のキーワードが無効です。ファイルが壊れている可能性があります。
エディタで自動受信定義ファイルを開いてキーワードを修正または削除するか、ファイルをいったん削除して、登録し直してください。


■ AUTO-MUA Syntax Error (Server= is a must.) [自動受信定義ファイル名]
■ AUTO-MUA Syntax Error (User= is a must.) [自動受信定義ファイル名]
■ AUTO-MUA Syntax Error (Pass= is a must.) [自動受信定義ファイル名]
■ AUTO-MUA Syntax Error (Distnation= is a must.) [自動受信定義ファイル名]

自動受信設定のキーワードが見つかりませんでした。ファイルが壊れている可能性があります。
ファイル名をいったん削除して、登録し直してください。


■ AUTOMUA-THREAD ERROR address resolve faild. ( サーバ名 )

サーバ名の名前解決に失敗したため、自動受信が開始できませんでした。
[設定(S)] - [自動受信(A)] で、該当サーバ名を訂正してください。


■ AUTO-MUA Append Error [自動受信定義ファイル名]

自動受信の登録に失敗しました。
メモリ不足等の原因が考えられます。


■ POP3-CLIENT Connet TimeOut POP3サーバ名 ポート (User:ユーザ名)

POP3サーバに接続しようとしましたが、一定時間(15秒間)応答がありませんでしたので処理を中断しました。


■ POP3-CLIENT ERROR LineRecv

POP3サーバからメールの受信中にソケットがクローズされた、または終了要求により処理を中断しました。
エラーが多発する場合は通信状況を確認してください。


■ POP3-CLIENT ERROR LineRecv ( timeout )

POP3サーバからメールの受信中にタイムアウトが発生しました。
エラーが多発する場合は、POP3クライアントのタイムアウト値を増やしてください。


■ POP3-CLIENT ERROR LineRecv ( buffer over )

POP3サーバから受信したメールの1行の長さが最大値(9,064バイト)を超えたため、処理を中断しました。
1行の長さは1,000バイト以下にする必要がありますので、送信者が使用しているメーラーの開発元にご相談ください。


■ POP3-CLIENT ERROR UIDL buffer over(最大リスト数) POP3サーバ名 ポート (User:ユーザ名)
■ POP3-CLIENT ERROR LIST buffer over(最大リスト数) POP3サーバ名 ポート (User:ユーザ名)

POP3サーバに蓄積されているメールの数が制限値(500)を超えたため、処理を中断しました。
メーラーで直接受信するか削除してメール数を減らしてください。


■ POP3-CLIENT ERROR UIDL not support POP3サーバ名 ポート (User:ユーザ名)

対象のPOP3サーバは、UIDL コマンドをサポートしていません。
代わりに LIST コマンドを使用します。


■ POP3-CLIENT ERROR Can't create tmpfile.
■ POP3-CLIENT ERROR faild write tmpfile.
■ POP3-CLIENT ERROR faild save tmpfile.

一時ファイルの作成、書き込み、または保存に失敗しました。
ディスクまたはファイルシステムに問題がないか確認してください。


■ POP3-CLIENT ERROR Replay (応答メッセージ)

POP3サーバから受信した応答メッセージの形式が正しくないため、処理を中断しました。
接続先するPOP3サーバが間違っている可能性がありますので確認してください。


● AUTO-MUA Started. [サーバ名:ポート番号(ユーザ名)] 設定ファイル名

自動受信が設定されている場合、起動時に上記のログが表示されます。


▲ AUTOMUA-THREAD サーバ名[アドレス]:ポート 送信元ユーザ名->宛先名

自動受信が開始されました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" で上記のログが出力されます。


▲ POP3-CLIENT Connected POP3サーバのIPアドレス (User:ユーザ名)

POP3サーバに対して接続しました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。


▲ POP3-CLIENT DisConnect POP3サーバのIPアドレス (User:ユーザ名)

POP3サーバとの接続が切断されました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" の場合に出力されます。

 キュー処理関連メッセージ

■ QUEUE-THREAD ERROR lookup MX ドメイン名 not found

ドメイン名に該当する MX レコード検索は検出できませんでした。
このエラーが発生した場合は、
キュー処理 MXレコードのみを使用する の指定によって動作が決定します。
MXレコードのみを使用する のチェックを外してもエラーになる場合は 送信先メールアドレスやSMTPサーバの登録状況を確認してください。


■ QUEUE-THREAD ERROR Domain not found (宛先アドレス)

宛先アドレスにはドメイン名がありませんでした。宛先をもう一度確認してください。


▲ QUEUE-THREAD lookup MX ドメイン名 -> メールサーバのホスト名 優先順位

ドメイン名に該当する MX レコードが検出されました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" で上記のログが出力されます。


▲ QUEUE-THREAD lookup A メールサーバのホスト名 ->IPアドレス

メールサーバのホスト名に該当する A レコードが検出されました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" で上記のログが出力されます。


▲ QUEUE-THREAD Domain address found (domain:ip-address) from host.dat

hosts.confに優先すべきドメインの定義が見つかりました。
ログレベルが "デバッグ/デバッグ(詳細)" で上記のログが出力されます。

 その他メッセージ

■ server-name ERROR LineRecv ( buffer over )

バッファオーバーフロー対策として限界サイズを超える行を受信した場合、直ちにクライアントとの 接続を切断しますが、その際に上記のエラーメッセージを出力します。