[最初の目次へ][食道の病気][胃の病気][十二指腸の病気][大腸の病気]

[肝臓の病気][胆道の病気][膵臓の病気][その他のお腹の病気][その他の部位の病気]


虚血性大腸炎

虚血性大腸炎とは腸に血液を送っている血管の障害により腸管の虚血(血のめぐりが悪い)状態が起こる病気です。いってみれば「お腹の狭心症、心筋梗塞」といった状態です。症状は腹痛や下血(肛門から出血する)などです。重症例では腸管が壊死に陥ってしまいますので一刻を争う手術が必要になります。

下の写真で黒っぽくブクブクと膨らんでいる所は腸の粘膜が虚血のため壊死に陥ってしまった部分です。



[最初の目次へ][大腸の病気]