戻る

平成14年7月6日 思い出旅行(一日目)

 2年前の同級会は渡米の時期とかち合い出席できませんでした。

今回も「還暦を祝う会」の最終申し込みまで悩みました。幹事さん方の「なんでもするから大丈夫だから来いよ!」の言葉に誘われて、出発の日になりました。

 

 東那須野(那須・塩原)6.00→ 西那須野IC 6.30→(東北道・蓮田SA休憩/首都高)8.308.15→東京駅八重洲口(東京駅で合流)9.309.45

 

東北道下り蓮田SAには全国唯一の「人工肛門・膀胱造設者」用のトイレがあります。

                 

   2002.4.28.撮影)

2002.3.1号洗浄設備のみ設置(財)ハイウェィ交流センター仙台支社上河内事業所確認)

 

私は主人の車で集合場所に30分前に着き皆を待ちました。バスが来て那須組のトイレ休憩後、東京組と合流しました。大型バスは満員でしたが携帯用の車椅子を乗せ、最前に座らせて貰いました。

 

→(首都高/神奈川・横横線)→朝比奈IC →鎌倉・昼食(建長寺/鎌倉大仏/鶴岡八幡宮参拝)昼食は若宮王路で →江ノ島 →小田原 → 湯河原温泉 

江ノ島

http://www.pat.hi-ho.ne.jp/kaz-hasegawa/kaz/k-eno.fol/main.fol/enos.fol/enos-1.htm

ホテル湯河原キャッスル

http://www.ny.airnet.ne.jp/yugawara/kaigan/castle/castleindex.html

6時30分より宴会が行われ、私には椅子の配慮がありました。

77日誕生日の人が2人いましたので還暦前夜歳でした。

病院から外泊で、娘さん夫婦と同伴で来た友。宴会にだけ参加しその晩帰った友もいま

した。夜遅くまであちこちの部屋で話が盛り上がっていたようでした。

私と同室の3人は宴会後幹事さんの部屋の二次会に顔を出しその後、大浴場や露天風呂

に行き心ゆくまで湯に浸かり、「体の老い」を感じる話などに足や腰の痛いのは私だけ

でないと知り、内心ホットしました。

(文2002..12.記・2002.7.6.撮影)