こやまホームページ


こやまホームページ > 彩の国の巨樹・巨木 > 子の権現の二本杉

子の権現の二本杉


子の権現の二本杉 飯能市吾野南461番地 天龍寺

 樹高36m、23.8m、根回り10.9m、7.9m、枝張り2本で約15m、樹齢共に800年
 天龍寺の縁起によると、この杉は延喜11年(911年)、この峰に初めて登った子の大権現が
食事に使った杉の箸を差したものが根付いて大樹になったと伝えられ、霊木として守られてきた。
 木は南と北に2本並んでいるが、一方の木は樹勢の衰えが著しい。


Copyright (C)1997 KOYAMA Shogo All rights reserved.
彩の国の巨樹・巨木