こやまホームページ


こやまホームページ > 彩の国の巨樹・巨木 > 石戸蒲桜

石戸蒲桜


石戸蒲桜 北本市

 この木はかつて4本の大きな幹に分かれていたが、現在は500〜600年以前の板石塔婆を取り込み、
根回り11mの巨大な一本の樹木のような姿となっている。
 東光寺の縁起によると、鎌倉時代に蒲冠者源範頼がこの地に配流されたとき、阿弥陀堂の庭に範頼が
植えたという言い伝えから、この蒲冠者の名にちなんで蒲桜といわれている。
 現在開花する幹は老木の株分けで、いわば二代目蒲桜で、エドヒガンザクラとヤマザクラの交配種と
推定されている。


Copyright (C)1997 KOYAMA Shogo All rights reserved.
彩の国の巨樹・巨木