大垣藩

石川家→松平(久松)家→岡部家→松平(久松)→戸田家

関ヶ原で主戦場となり、決戦前夜に石田方が拠った大垣城は、当然、その後の徳川政権にとっても枢要の地と考えられた。

石川康通が上総から5万石で入り、忠総に継いで豊後日田へ。

下総関宿より、松平(久松)忠良が入って、憲良に継ぎ、信濃小諸へ。

丹波福知山より、岡部長盛が5万石で入って、宣勝に継いで、播磨竜野へ。

山城淀より、松平(久松)定綱が6万石で入って、伊勢桑名へ。

摂津尼崎より、戸田氏鉄が10万石で入り、以降戸田家の支配で明治まで至る。

大垣の戸田家は、戸田一西(かずあき)を祖とし、家康に従って武功をあげ、関東入りに際して武蔵で5千石、関ヶ原後、近江膳所で3万石を与えられて、諸侯に列した。子の戸田氏鉄は摂津尼崎10万石に加増され、大垣に移る。


歴代藩主

石川家

上総のうちより 5万石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

石川康通(やすみち)

従五位下 長門守
石川家成の長男

二代

石川家成(いえなり)

従五位下 日向守
石川清兼の三男、子の康通が先だったので再勤

二代

石川忠総(ただふさ)

従五位下 主殿頭
相模小田原藩主大久保忠隣の二男

豊後日田へ

松平(久松)家

下総関宿より 2万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)忠良(ただよし)

従五位下 甲斐守
松平(久松)康元の長男
二代

松平(久松)憲良(のりなが)

従五位下 因幡守
松平(久松)忠良の二男

信濃小諸へ

岡部家

丹波福知山より 5万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

岡部長盛(ながもり)

従五位下 内膳正
岡部正綱の長男

二代

岡部宣勝(のぶかつ)

従五位下 美濃守
岡部長盛の子

播磨竜野へ

松平(久松)家

山城淀より 6万石  
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定綱(さだつな)

従四位下 越中守
松平(久松)定勝の三男

伊勢桑名へ

戸田家

摂津尼崎より 10万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸田氏鉄(うじかね)

従四位下 采女正
戸田一西(かずあき)の子

二代

戸田氏信(うじのぶ)

従四位下 采女正
戸田氏鉄の長男

三代

戸田氏西(うじあき)

従四位下 但馬守
戸田氏信の長男

四代

戸田氏定(うじさだ)

従五位下 采女正
戸田氏西の長男

五代

戸田氏長(うじなが)

従四位下 伊勢守
戸田氏定の子

六代

戸田氏英(うじひで)

従五位下 采女正
戸田氏長の子

七代

戸田氏教(うじのり)

従四位下 采女正
上野館林藩主松平(越智)武元の二男

八代

戸田氏庸(うじかね)

従五位下 采女正
戸田氏教の長男

九代

戸田氏正(うじまさ)

従三位 采女正
戸田氏庸の子

十代

戸田氏彬(うじあきら)

従四位下 采女正
戸田氏正の長男

十一代

戸田氏共(うじたか)

従四位下 采女正 侍従
戸田氏正の子

十二代

戸田氏秀(うじひで)

従四位下 采女正
上野高崎藩主松平(大河内・長沢)輝聲の子

美濃の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.