岩村藩

松平(大給)家→丹羽家→松平(石川・大給)家

美濃恵那郡の岩村に、松平(大給)家乗が2万石を領したときに始まる。乗寿が継いで、大坂の陣の功を以って、遠江浜松へ増転封。

三河伊保より、丹羽氏信が入り、五代継ぐが、丹羽氏音は藩財政の打開の為に藩政改革を断行するが、家臣の間に反対が生まれ、騒動となって、幕府の審問を受けるに至り、藩政懈怠として、越後高柳へ減転封。のち大坂定番となって、摂津河内のうちから、さらに播磨三草へ。

この播磨三草藩の丹羽家は、尾張丹羽郡に住んで丹羽を姓とし、初め織田信長に仕えた点では、二本松藩に連なる丹羽五郎左長秀の丹羽家と共通するが、出自としては全く関係がない。丹羽氏信の父丹羽氏次は信長の死後、織田信雄の臣となるが、信雄の勘気を被り、浜松の徳川家康を頼る。
従って、小牧長久手以前からの徳川の臣なので、譜代大名である。

信濃小諸より、松平(石川・大給)乗紀が入る。以降、大給松平家の支配で明治に至る。

乗紀は以前の美濃岩村藩主松平(大給)乗寿の孫だが、祖母の乗寿の室である、石川康通の娘のもとで育てられ、石川を名乗っていた。

松平乗紀の父松平(石川・大給)乗政は乗寿の二男で、乗寿の長男の乗久はのちに下総佐倉、出羽山形などを経て、三河西尾に至る大給松平宗家である。

松平(石川・大給)乗政は8歳で家綱に近侍し、5千石で分家を許されていた。家綱の将軍就任に伴い立身し、万石を得、さらに1万石を加増の上、信濃小諸2万石の城主となったのである。乗政の子の乗紀の代に小諸から美濃岩村に移る。


歴代藩主

松平(大給)家

2万石  
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)家乗(いえのり)

従五位下 和泉守
松平(大給)真乗の長男

二代

松平(大給)乗寿(のりなが)

従五位下 和泉守
松平(大給)家乗の長男

遠江浜松へ

丹羽家

三河伊保より 2万石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

丹羽氏信(うじのぶ)

従五位下 式部少輔
丹羽氏次の二男

二代

丹羽氏定(うじさだ)

従五位下 式部少輔
丹羽氏信の長男

三代

丹羽氏純(うじずみ)

従五位下 式部少輔
丹羽氏定の長男

四代

丹羽氏明(うじあきら)

従五位下 長門守
丹羽氏純の長男

五代

丹羽氏音(うじおと)

従五位下 和泉守
丹羽氏定の弟丹羽信氏の二男

越後高柳へ、さらに摂津河内のうち、さらに播磨三草へ

松平(石川・大給)

信濃小諸より 2万石→3万石  
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(石川・大給)乗紀(のりただ)

従五位下 能登守
松平(石川・大給)乗政の長男

二代

松平(石川・大給)乗賢(のりかた)

従四位下 能登守 侍従
松平(石川・大給)乗紀の長男

三代

松平(石川・大給)乗薀(のりもり)

従四位下 能登守
下総佐倉藩等の藩主、宗家松平(大給)乗邑の三男

四代

松平(石川・大給)乗保(のりやす)

従五位下 能登守
丹波福知山藩主朽木玄綱の九男
朽木玄綱は松平(石川・大給)乗紀の五男

五代

松平(大給・石川)乗美(のりよし)

従五位下 能登守
松平(石川・大給)乗保の二男

六代

松平(大給・石川)乗喬(のりたか)

従五位下 能登守
松平(石川・大給)乗美の二男

七代

松平(大給・石川)乗命(のりとし)

従五位下 能登守
松平(石川・大給)乗喬の二男

美濃の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.