郡上八幡藩

遠藤家→井上家→金森家→青山家

郡上藩、八幡藩とも。

戦国末期、郡上八幡は、名家、東(とう)氏の支配するところだったが、下克上で家臣の遠藤氏に奪われる。

秀吉によって郡上を追われていた遠藤慶隆は関ヶ原の時に郡上を攻め、その功で郡上八幡2万7千石を与えられた。このあたりの経緯は苗木の遠山家に似ている。

四代常春の時から藩政は混乱し、次ぎの幼藩主常久は、自らの子を藩主つけようという家臣によって毒殺される。幕府の知る所となり、遠藤家は改易。
しかし、藩祖遠藤慶隆の功績に免じて、親族の白須正休の長男が大垣新田藩主戸田氏成の養子となっていたものを遠藤胤親に遠藤家の名跡を継がせ、常陸下野の内で1万石を与える。これがさらに近江三上藩となる。

常陸笠間より井上正任が5万石で入り、正岑に継いで、丹波亀山へ。

出羽上山より金森頼時が3万8千石で入る。次ぎの金森頼錦は、奢侈な生活に傾き、度重なる増税を課した結果、5年間に渡る大一揆が勃発。
一揆は郡上藩預かり天領にも波及し、幕閣の疑獄事件にも発展した。評定所裁決の結果、金森家は改易、老中本多正珍はじめ、若年寄、勘定奉行、美濃郡代などが罷免など、大きな騒動となった。
この「宝暦騒動」については、こちらのサイトをご訪問いただくと詳しい情報があります。ぜひご訪問を。

丹後宮津より、青山幸道が4万8千石で入り、以降明治までは七代、青山家の支配となる。

青山家の通字の「幸」の字は本来「よし」の読みだが、青山幸孝の代に徳川家慶と音が重なるのをはばかって、「ゆき」に改めた。


歴代藩主

遠藤家

2万7千石→2万4千石
譜代 菊間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

遠藤慶隆(よしたか)

従五位下 但馬守
遠藤盛数の子

二代

遠藤慶利(よしとし)

従五位下 但馬守
三木直綱の子 母が遠藤慶隆の娘

三代

遠藤常友(つねとも)

従五位下 備前守
奥平信昌の三男

四代

遠藤常春(つねはる)

従五位下 右衛門佐
松平(菅沼・奥平)忠政の長男

五代

遠藤常久(つねひさ)

不明
 

騒動改易
のち近江三上へ名跡取立

井上家

常陸笠間より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

井上正任(まさとう)

従五位下 中務大輔
井上正利の長男

二代

井上正岑(まさみね)

従四位下 河内守 侍従
井上正任の二男

丹波亀山へ

金森家

出羽上山より 3万8千石  
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

金森頼時(よりとき)

従五位下 出雲守
金森頼業の子

二代

金森頼錦(よりかね)

従四位下 兵部少輔
金森頼時の子可寛(ありひろ)の子

騒動改易

青山家

丹後宮津より 4万8千石  
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

青山幸道(よしみち)

従五位下 大和守
青山幸秀の二男

二代

青山幸完(よしさだ)

従五位下 大膳亮
青山幸道の長男

三代

青山幸孝(よしたか)
のち(ゆきたか)に改む

従五位下 大蔵少輔
青山幸完の子

四代

青山幸寛(ゆきひろ)

従五位下 大膳亮
青山幸孝の長男

五代

青山幸礼(ゆきのり)

従五位下 播磨守
青山幸孝の二男

六代

青山幸哉(ゆきしげ)

従五位下 大蔵少輔
宗家丹波篠山藩主青山忠裕の子

七代

青山幸宜(ゆきよし)

従五位下 大膳亮
青山幸哉の子

美濃の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.