丸亀藩

生駒家→伊予諸藩預領→山崎家→京極家

生駒家の織豊体制での出世の糸口は、信長の側室で、実質的な正室と言っても良い、吉乃の実家が生駒家だったことだろう。尾張の富裕郷士で、若き秀吉も出入りしていた。

生駒家については高松を城地とすべきかとも思うが、ここでは丸亀にまとめた。

生駒親正は秀吉に讃岐一国を与えられ、入封。徳川体制でも継続するが、生駒一正、正俊、と継ぎ、生駒正俊が若くして亡くなり、幼主生駒高俊が藩主に付くところから、有名な生駒騒動に繋がる。

外祖父の藤堂高虎が後見を命じられ、津藩からの出向重臣が政務を見る。
生駒家譜代の臣も、津藩出向の取締役に擦り寄った一派も、はたまた美少年を集めて城下で踊りを催した藩主の生駒高俊本人も、藤堂高虎亡き後、後見を引き継いだが、父高虎ほどに、生駒家への親身さに欠け、報告を適当にあしらっていた藤堂高次も、誰が悪いというというわけではなく、皆が情けない状況なのだが、藩内抗争し、実質改易、出羽矢島1万石へ減転封。やがて万石を割って、生駒家は諸侯の列から外れ交替寄合となる。

讃岐一国は、伊予西条、伊予大洲、伊予松山の三藩の預領とされる。

その後西讃岐には丸亀を城地として、山崎家治が5万石で、肥後富岡より入り、俊家、治頼と継ぐが無嗣断絶。

播磨竜野より京極高和が6万石で入り、名家佐々木源氏京極家の宗家として、幕末まで続く。

途中三代京極高或の時に庶兄京極高道に1万石を分知し、石高は5万1千石となる。


歴代藩主

生駒家

17万3千石
外様 国主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

 

生駒親正(ちかまさ)

従四位下 雅楽頭
生駒親重の二男

初代

生駒一正(かずまさ)

従四位下 讃岐守
生駒親正の長男

二代

生駒正俊(まさとし)

従四位下 讃岐守
生駒一正の長男

三代

生駒高俊(たかとし)

従四位下 壱岐守
生駒正俊の子

出羽矢島へ

山崎家

備中成羽〜肥後富岡より 5万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

山崎家治(いえはる)

従五位下 甲斐守
山崎家盛の子

二代

山崎俊家(としいえ)

従五位下 志摩守
山崎家治の長男

三代

山崎治頼(はるより)

不詳
山崎俊家の長男

無嗣改易

京極家

播磨竜野より 6万石→5万1千石
外様 柳間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

京極高和(たかかず)

従五位下 刑部少輔
京極忠高の弟京極高政の子

二代

京極高豊(たかとよ)

従五位下 備中守
京極高和の二男

三代

京極高或(たかもち)

従五位下 若狭守
京極高豊の四男

四代

京極高矩(たかのり)

従五位下 佐渡守
京極高或の長男

五代

京極高中(たかなか)

従五位下 若狭守
京極高矩の長男

六代

京極高朗(たかあきら)

従五位下 長門守
京極高中の四男

七代

京極朗徹(あきゆき)

従五位下 佐渡守
一門京極高周の五男

讃岐の諸藩に戻る

四国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る