松山(松嶺)藩

酒井家

分知2万石
譜代 帝鑑間・雁間 城主


宗藩庄内藩の初代、酒井忠勝の三男酒井忠恒が庄内藩から2万石を分知されて立藩。

三代酒井忠休(ただよし)は長年幕政に参与し、奏者番、若年寄などに任ずるが、この間藩政が省みられず、財政を圧迫し、家臣や領民の不満が募った。江戸詰めの藩士の登城お供拒否や、家臣上下270名による忠休引退勧告が起きるが拒否されると、これら家臣は暇乞を出し、引きこもるという全面ストライキに入った。これは宗藩庄内藩によって鎮圧されるが、これを契機に藩政は宗藩から天下り重役を迎えて、その監視下に置かれることなる。

地図はこちら


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井忠恒(ただつね)

従五位下 大学頭
出羽庄内藩主酒井忠勝三男

二代

酒井忠予(ただやす)

従五位下 石見守
酒井忠恒の子

三代

酒井忠休(ただよし)

従五位下 石見守
宗藩庄内藩老臣、酒井図書直隆の長男

四代

酒井忠崇(ただたか)

従五位下 石見守
酒井忠休の子

五代

酒井忠禮(ただのり)

従五位下 大学頭
出羽庄内藩主酒井忠徳の子

六代

酒井忠方(ただみち)

従五位下 石見守
酒井忠禮の子

七代

酒井忠良(ただよし)

従五位下 大学頭
酒井忠方の子

八代

酒井忠匡(ただまさ)

従五位下 大学頭
酒井忠良の子

出羽の諸藩に戻る
蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る