岡藩

中川家

7万石
外様 柳間 城主

九州四国にはいわゆる豊臣大名が多いのだが、中川家もある意味その範疇かもしれない。

中川瀬兵衛清秀は、高山右近や荒木村重と同様に摂津の勢力で、織田政権の近畿制圧にともなって織田傘下に入った。
本能寺の変で、動向が注目された摂津の各大名は、結局時流に流され、老巧の中川清秀も羽柴秀吉に寄力する形となる。

山崎の合戦で羽柴方で活躍した中川清秀であったが、懇願されて参軍したにもかかわらず、戦いが終わって、清秀の前を秀吉の籠が達したとき、秀吉は籠の戸を少しあけ「瀬兵衛、大儀」と一言言葉をかけただけで通り過ぎ、清秀は「昨日までは中川殿、と頭を床に擦り付けていたものを・・・」と悔しがった、というエピソードもあったらしい。

この中川清秀も賤ヶ岳の合戦で、討ち死にをしてしまう。秀吉政権確立のために中川清秀の果たした役割は、丹羽長秀、前田利家とともの非常に大きなものがあったといえる。

さて、中川家も地味ながら徳川大名として生き残る。場所は、滝廉太郎の荒城の月の「荒城」豊後岡、竹田城。

一家支配で全うする。

地味とは言ったが、7万石は豊後最大の藩で、内高は10万石あったという記録もある。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

中川秀成(ひでなり)

従五位下 修理大夫
中川清秀の子

二代

中川久盛(ひさもり)

従五位下 内膳正
中川秀成の長男

三代

中川久清(ひさきよ)

従五位下 山城守
中川久盛の長男

四代

中川久恒(ひさつね)

従五位下 佐渡守
中川久清の長男

五代

中川久通(ひさみち)

従五位下 因幡守
中川久恒の長男

六代

中川久忠(ひさただ)

従五位下 内膳正
中川久通の三男

七代

中川久慶(ひさよし)

従五位下 山城守
安芸広島藩主浅野綱長の十六男

八代

中川久貞(ひささだ)

従五位下 修理大夫
下総古河藩主松平(大河内・長沢)信祝の二男

九代

中川久持(ひさもち)

従五位下 修理大夫
中川久貞の二男の中川久徳の二男

十代

中川久貴(ひさたか)

従五位下 修理大夫
松平保光の五男

十一代

中川久教(ひさのり)

従五位下 修理大夫
近江彦根藩主井伊直中の四男

十二代

中川久昭(ひさあき)

従五位下 修理大夫
伊勢津藩主藤堂高兌の二男

十三代

中川久成(ひさなり)

従五位下 内膳正

豊後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る