福岡藩 福岡城址の写真へ All Photos By Ken究所長

黒田家

52万石→47万3千石
外様 大広間 国主

黒田官兵衛如水ドンシメオン孝高(よしたか)については、ここで改めて説明も不要と思うが、その子、黒田長政が関ヶ原の戦功によって、小早川秀秋が備前岡山に移った後の、筑前ほぼ一国を与えられ、豊前中津18万石から52万石に加増のうえ入った。

長政の関ヶ原での功績は、戦場の外での事前工作は藤堂高虎とならんで、決戦での戦功も入れれば間違いなく勲功第一等であろうから、至当な加増と言える。

父、黒田官兵衛については、エピソードがつきないが、まずは司馬遼太郎の「播磨灘物語」(講談社文庫)をお読みいただきたい。

黒田長政は、小早川隆景、秀秋以来の名島城から、新たに城を築き、城下の名を如水の曽祖父黒田高政以来の故地、備前福岡の名を取って、福岡とした。

二代黒田忠之は二人の弟、長興に秋月5万石(秋月藩)、隆政(東蓮寺藩)に4万石余(のち本藩に併合)を分知し、本藩の石高は47万3千石となって、幕末まで、福岡藩の表高となる。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

黒田長政(ながまさ)

従四位下 甲斐守→筑前守
黒田孝高の長男

二代

黒田忠之(ただゆき)

従四位下 筑前守
黒田長政の長男

三代

黒田光之(みつゆき)

従四位下 右京大夫
黒田忠之の長男

四代

黒田綱政(つなまさ)

従四位下 肥前守
黒田光之の四男、当初東蓮寺藩を継ぎ黒田長寛となるが兄たちが早世したため、宗家を継ぐ。

五代

黒田宣政(のぶまさ)

従四位下 肥前守
黒田綱政の次男

六代

黒田継高(つぐたか)

従四位下 筑前守
黒田長政の弟高政に分知した東蓮寺藩主黒田長清の長男

七代

黒田治行(はるゆき)

従四位下 筑前守 侍従
御三卿、徳川(一橋)宗尹の二男

八代

黒田治高(はるたか)

従四位下 筑前守 侍従
讃岐多度津藩主京極高慶の三男

九代

黒田斉隆(なりたか)

従四位下 筑前守 侍従
御三卿、徳川(一橋)治済(はるさだ)の二男

十代

黒田斉清(なりきよ)

従四位下 備前守 侍従
黒田斉隆の子というが、斉隆の亡くなる半年前に生まれた女子を、秋月藩主黒田直舒の四男とすり替えたという説が強い。

十一代

黒田長溥(ながひろ)

従二位 美濃守
薩摩鹿児島藩主島津重豪の九男

十二代

黒田長知(ながとも)

正二位 下野守 左近衛権少将
伊勢津藩主藤堂高猷の二男

筑前の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る