膳所藩


戸田家→本多家→菅沼家→石川家→本多家

関ヶ原の論功で戸田一西(かずあき)が武蔵のうち5千石から、3万石を得て、当初大津に入るが、防備を考慮し、膳所を選んで築城。氏鉄に継いで、摂津尼崎へ。

三河西尾より、本多康俊が3万石で入って、俊次に継いで、三河西尾へ戻る。

伊勢長島より菅沼定芳が3万1千石で入るが、丹波亀山へ。

下総佐倉より、石川忠総が7万石で入って、憲之が継ぎ、伊勢亀山へ。

伊勢亀山より、本多俊次が再度、膳所に戻ってきて、7万石。
以降本多家の支配で維新に至る。


歴代藩主

戸田家

加増 3万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸田一西(かずあき)

従五位下 采女正
戸田氏光の子

二代

戸田氏鉄(うじかね)

従五位下 采女正
戸田一西の子

摂津尼崎へ

本多家

三河西尾より 3万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多康俊(やすとし)

従五位下 縫殿助
酒井忠次の二男。本多忠次の嗣となる

二代

本多俊次(としつぐ)

従五位下 下総守
本多康俊の長男

三河西尾へ

菅沼家

伊勢長島より 3万1千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

菅沼定芳(さだよし)

従五位下 織部正
菅沼定盈の六男

丹波亀山へ

石川家

下総佐倉より 7万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

石川忠総(ただふさ)

従四位下 主殿頭
相模小田原藩主大久保忠隣の二男 家康の命で外祖父である石川家成の嗣子となる。

二代

石川憲之(のりゆき)

従五位下 主殿頭
石川忠総長男で父に先立った石川廉勝(かどかつ)の長男

伊勢亀山へ

本多家

伊勢亀山より 7万石→6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多俊次(としつぐ)

従五位下 下総守
本多康俊の長男

二代

本多康将(やすまさ)

従五位下 兵部少輔
本多俊次の二男

三代

本多康慶(やすよし)

従五位下 隠岐守
本多俊次の長男本多康長の子

四代

本多康命(やすのぶ)

従五位下 下総守
本多康慶の子

五代

本多康敏(やすとし)

従五位下 主膳正
本多康慶の五男

六代

本多康桓(やすたけ)

従五位下 隠岐守
伊勢神戸藩主本多忠統の長男

七代

本多康政(やすまさ)

従五位下 下総守
伊勢神戸藩主本多忠統の九男、康桓には子の本多忠薫があったが病弱により廃嫡。

八代

本多康伴(やすとも)

従五位下 隠岐守
出羽庄内藩主酒井忠寄の五男

九代

本多康匡(やすまさ)

従五位下 主膳正
出羽庄内藩主酒井忠寄の子、康伴の弟

十代

本多康完(やすさだ)

従五位下 隠岐守
六代本多康桓の子本多忠薫の長男

十一代

本多康禎(やすただ)

従五位下 下総守
六代本多康桓の子本多忠薫の子、康完の弟

十二代

本多康融(やすあき)

従五位下 隠岐守
本多康禎の子

十三代

本多康穣(やすしげ)

従二位 下総守
本多康禎の子、康融の弟

近江の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る