山崎藩(宍粟しそう藩)

池田家→松平(松井)家→天領→池田家→本多家

西播磨の地は池田家の鳥取、岡山移封後も池田家の所領で、池田輝澄が別家立藩し、成立。

和泉岸和田より松平(松井)康映が入り、石見浜田へ。

備前児島より、池田恒元が入り三代継ぐが無嗣改易。

大和郡山で分知を受けていた本多忠英が入り、以降本多家の支配。

関連サイト紹介:播磨屋さんのページに山崎町についての案内あり


歴代藩主

池田家

分知 3万8千石
外様 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

池田輝澄(てるずみ)

従四位下 石見守 侍従
播磨姫路藩主池田輝政の四男

因幡鹿野へ

松平(松井)家

和泉岸和田より 5万石  
譜代 帝鑑間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(松井)康映(やすてる)

従五位下 周防守
松平(松井)康重の二男

石見浜田へ

<天領>

池田家

備前児島より 3万石
外様 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

池田恒元(つねもと)

従五位下 備後守
播磨姫路藩主池田利隆の子 備前岡山藩主池田光政の弟

二代

池田政周(まさちか)

従五位下 豊前守
池田恒元の長男

三代

池田恒行(つねゆき)

なし
備前岡山藩主池田綱政の二男

無嗣改易

本多家

大和郡山より 1万石
譜代 帝鑑間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠英(ただひで)

従五位下 肥後守
本多政勝の五男

二代

本多忠方(ただかた)

従五位下 肥後守
本多忠英の二男

三代

本多忠辰(ただとき)

従五位下 肥前守
本多忠英の三男

四代

本多忠尭(ただとう)

従五位下 大和守
本多忠辰の長男

五代

本多忠可(ただよし)

従五位下 肥後守
越前丸岡藩主有馬孝純の子

六代

本多忠居(ただおき)

従五位下 大和守
本多忠可の長男

七代

本多忠敬(ただたか)

従五位下 肥後守
本多忠居の長男

八代

本多忠鄰(ただちか)

従五位下 肥前守
本多忠居の四男

九代

本多忠明(ただあき)

従五位下 肥前守
本多忠鄰の二男

播磨の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る