山上(やまかみ)

稲垣家

加増新知 1万3千石
譜代 菊間 陣屋

8千石を領していた稲垣重定が5千石の加増を受けて、諸侯に列し立藩。

この山上の稲垣家は志摩鳥羽の稲垣家の分家だが、稲垣長茂の長男重綱が越後三条から三河刈谷を領したのが、志摩鳥羽稲垣家に繋がる宗家。
稲垣長茂の二男の稲垣重太(しげもと)が別家を立て秀忠に仕えて、御花畑の番衆となって300俵。大坂の陣の戦功でやっと400石。家光の近侍となって6千石までこぎつける。子の稲垣重定が継いで8千石。若年寄になって5千石の加増を受けて、諸侯に列するのである。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲垣重定(しげさだ)

従五位下 備後守
稲垣重太(しげもと)の長男

二代

稲垣重房(しげふさ)

従五位下 長門守
稲垣重定の子

三代

稲垣定享(さだみち)

従五位下 安芸守
稲垣重房の長男

四代

稲垣定計(さだかず)

従五位下 長門守
稲垣大隈守昭倫(あきとも)の二男

五代

稲垣定淳(さだあつ)

従五位下 若狭守
稲垣定計の長男

六代

稲垣定成(さだなり)

従五位下 長門守
稲垣定淳の長男

七代

稲垣太篤(もとあつ)

従五位下 長門守
稲垣定成の子

八代

稲垣太清(もときよ)

従五位下 若狭守
三河岡崎藩主本多忠孝の子

近江の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る