丹南藩

高木家

1万石
譜代 菊間 陣屋

丹南藩、高木家と聞いて、ああ、あの藩か、と思い当たる人は少ないだろう、地味藩中の地味藩。

戦国期の高木清秀は最初、水野信元に仕えていたが、のち直参となり1千石を得る。
家康の関東入りで、相模に9千石を領していたが、清秀の三男高木正次も別に1千石を賜っていた。清秀が亡くなり、正次は自領を合わせることを許され、領地を河内に移され1万石に達して諸侯となった。

転封の多い譜代大名の中で、一家一藩支配で240年、1万石の小藩を守った。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

高木正次(まさつぐ)

従五位下 主水正
高木清秀の三男

二代

高木正成(まさなり)

従五位下 主水正
高木正次の長男

三代

高木正弘(まさひろ)

従五位下 主水正
高木正成の長男

四代

高木正盛(まさもり)

従五位下 主水正
高木正弘の長男

五代

高木正豊(まさとよ)

従五位下 肥前守
高木正盛の長男

六代

高木正陳(まさのぶ)

従五位下 主水正
高木正盛の二男

七代

高木正恒(まさつね)

従五位下 若狭守
板倉重行の二男

八代

高木正弼(まさのり)

従五位下 主水正
高木正恒の長男

九代

高木正直(まさなお)

従五位下 主水正
若狭小浜藩主酒井忠与の子

十代

高木正剛(まさかた)

従五位下 主水正
上野小幡藩主松平(奥平)忠福の二男

十一代

高木正明(まさあき)

従五位下 主水正
高木正剛の長男

十二代

高木正坦(まさひら)

従五位下 主水正
松平維賢の四男

十三代

高木正善(まさよし)

従五位下 肥前守
高木守庸の二男

河内の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る