田辺藩(舞鶴藩)

京極家→牧野家

秀吉から丹後一国を与えられていた細川幽斉藤孝が、子の細川忠興に家督を譲って隠居した際、隠居城として、丹後田辺に新たに城を築いて、丹後宮津から移った。

エピソードとして有名だが、関ヶ原合戦時、東軍として、寡兵で留守を預かる細川藤孝が、石田方の大軍に攻囲される中、彼の持つ古今集の奥義が絶えることを惜しまれ、篭城中に智仁親王への「古今伝授」を行ったことで有名。
実は既に、古今の奥義は智仁親王に伝授済みで、藤孝の命を惜しんだ智仁親王が、攻囲軍の戦意をくじくために仕組んだ狂言だったという説もある。

江戸幕藩としての田辺藩に関しては、関ヶ原戦役後、細川家は豊前中津へ増転封され、丹後には、信濃飯田より、京極高知が入る。高知は嫡男高広を宮津に、高三を田辺に、養子高通を峯山に入れ、丹後に3藩を並立させる。田辺藩はこの時成立。

宗家の宮津京極家は途中改易となり、田辺京極家は但馬豊岡へ移っていって、峯山藩だけが丹後に残る。

その後、京都所司代を勤めた牧野親成が摂津のうちより、3万5千石で入る。以後牧野家の支配で維新に至る。


歴代藩主

京極家

分知 3万5千石
外様 柳間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

京極高三(たかみつ)

従五位下 修理大夫
京極高知の三男

二代

京極高直(たかなお)

従五位下 飛騨守
京極高三の長男

三代

京極高盛(たかもり)

従五位下 伊勢守
京極高直の長男

但馬豊岡へ

牧野家

摂津のうちより 3万5千石石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

牧野親成(ちかしげ)

従四位下 佐渡守 侍従
牧野信成の二男

二代

牧野富成(とみしげ)

従五位下 因幡守
牧野信成の八男

三代

牧野英成(ひでしげ)

従四位下 佐渡守 侍従
村越直成(親成・富成の末弟、牧野信成の十男)の子

四代

牧野明成(とししげ)

従五位下 因幡守
牧野英茂の二男

五代

牧野惟成(これしげ)

従五位下 豊前守
牧野明成の三男

六代

牧野宣成(ふさしげ)

従五位下 佐渡守
牧野惟成の五男

七代

牧野以成(もちしげ)

従五位下 豊前守
牧野宣成の長男

八代

牧野節成(ときしげ)

従五位下 山城守
牧野宣成の二男牧野允成(まなしげ)の長男

九代

牧野誠成(たかしげ)

従五位下 豊前守
牧野節成の長男

十代

牧野弼成(すけしげ)

従五位下 内匠頭
牧野誠成の長男

丹後の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る