丹波亀山藩(亀岡藩)

岡部家→松平(大給)家→菅沼家→松平(藤井)家→久世家→井上家→青山家→松平(形原)家

丹波亀山は京都の背後の要地ということもあり、頻繁に譜代大名の交替が行われる。

下総山崎より、岡部長盛が3万2千石で入って成立。岡部長盛は丹波福知山へ。
三河西尾より、松平(大給)成重が2万2千石で入って、忠昭に継いで、豊後府内へ。
近江膳所より、菅沼定芳が4万1千石で入り、定昭に継ぐが、無嗣除封となって、三河以来の菅沼家は断絶してしまう。

遠江掛川より、松平(藤井)忠晴が3万8千石で入り、忠昭、忠周と継いで、武蔵岩槻へ。
備中庭瀬より、久世重之が5万石で入り、三河吉田へ。
美濃郡上八幡より、井上正岑が4万7千石で入り、常陸下館へ。
遠江浜松より、青山忠重が5万石で入り、3代継いで、丹波篠山へ。

丹波篠山より、松平(形原)信岑が5万石で入り、以降は形原松平家の支配で八代にわたって、明治となる。

(関連サイト)形原松平家の庶流のご子孫による「形原松平家について」も是非ご覧ください。


歴代藩主

岡部家

下総山崎より 3万2千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

岡部長盛(ながもり)

従五位下 内膳正
岡部正綱の長男

丹波福知山へ

松平(大給)家

三河西尾より 2万2千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)成重(なりしげ)

従五位下 右近将監
松平(大給)一生の長男

二代

松平(大給)忠昭(ただあき)

従五位下 信濃守
松平(大給)成重の二男

豊後府内へ

菅沼家

近江膳所より 4万1千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

菅沼定芳(さだよし)

従五位下 織部正
菅沼定盈の六男

二代

菅沼定昭(さだあきら)

従五位下 左近将監
菅沼定芳の長男

無嗣改易

松平(藤井)家

遠江掛川より 3万8千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(藤井)忠晴(ただはる)

従五位下 伊賀守
松平(藤井)信吉の二男

二代

松平(藤井)忠昭(ただあき)

従五位下 伊賀守
松平(藤井)忠晴の二男

三代

松平(藤井)忠周(ただちか)

従五位下 伊賀守
松平(藤井)忠晴の三男

武蔵岩槻へ

久世家

備中庭瀬より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

久世重之(しげゆき)

従四位下 大和守 侍従
久世広之の三男

三河吉田へ

井上家

美濃郡上八幡より 4万7千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

井上正岑(まさみね)

従四位下 河内守 侍従
井上正任の二男

常陸下館へ

青山家

遠江浜松より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

青山忠重(ただしげ)

従五位下 因幡守
青山宗俊の三男

二代

青山俊春(としはる)

従五位下 因幡守
青山忠重の子

三代

青山忠朝(ただとも)

従五位下 因幡守
摂津尼崎藩主青山幸督の二男

丹波篠山へ

松平(形原かたのはら)家

丹波篠山より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(形原)信岑(のぶみね)

従四位下 紀伊守
松平(形原)信庸の四男

二代

松平(形原)信直(のぶなお)

従五位下 紀伊守
松平(形原)信岑の弟庸倫の長男

三代

松平(形原)信道(のぶみち)

従五位下 紀伊守
松平(形原)信直の長男

四代

松平(形原)信彰(のぶかた)

従五位下 紀伊守
松平(形原)信道の長男

五代

松平(形原)信志(のぶざね)

従五位下 紀伊守
分家松平(本庄)庸孝の長男

六代

松平(形原)信豪(のぶひで)

従五位下 紀伊守
松平(形原)信志の子

七代

松平(形原)信義(のぶよし)

従四位下 紀伊守 侍従
分家松平(本庄)庸煕の長男

八代

松平(形原)信正(のぶまさ)

従五位下 図書守
松平(形原)信豪の七男

丹波の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る