高槻藩

内藤家→土岐家→松平(形原)家→岡部家→松平(形原家)→永井家

摂津高津3万石を領していた新庄直頼は関ヶ原で西軍となって、除封されるが、のちに常陸麻生に取り立てられる。

そのあと、内藤信正が4万石で入り、山城伏見へ。

下総守谷より、土岐定義が2万石で入って、頼行に継ぎ、下総のうちへ。

三河形原より、松平(形原)家信が2万石で入って、下総佐倉へ。

播磨竜野より、岡部宣勝が5万石で入って、和泉岸和田へ。

下総佐倉より、松平(形原)康信が3万6千石で入り、丹波篠山へ。

山城長岡より、永井直清が3万6千石で入って、以後、永井家の支配となる。


歴代藩主

内藤家

近江長浜より 4万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤信正(のぶまさ)

従五位下 紀伊守
内藤信成の長男

山城伏見から陸奥棚倉へ

土岐家

下総守谷より 2万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

土岐定義(さだよし)

従五位下 山城守
土岐定正の二男

二代

土岐頼行(よりゆき)

従五位下 山城守
土岐定義の長男

下総のうちへ
さらに出羽上山へ

松平(形原)家

三河形原より 2万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(形原)家信(いえのぶ)

従四位下 紀伊守
松平(形原)家忠の長男

下総佐倉へ

岡部家

播磨竜野より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

岡部宣勝(のぶかつ)

従五位下 美濃守
岡部長盛の長男

和泉岸和田へ

松平(形原)家

下総佐倉より 3万6千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(形原)康信(やすのぶ)

従四位下 若狭守
松平(形原)家信の二男

丹波篠山へ

永井家

山城長岡より 3万6千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

永井直清(なおきよ)

従五位下 日向守
永井直勝の二男

二代

永井直時(なおとき)

従五位下 市正
永井直清の子永井直吉の長男

三代

永井直種(なおたね)

従五位下 日向守
山城淀藩主永井尚征の四男

四代

永井直達(なおたつ)

従五位下 日向守
大和新庄藩主永井直圓の長男

五代

永井直英(なおひで)

従五位下 備後守
永井直種の二男

六代

永井直期(なおざね)

従五位下 飛騨守
大和新庄藩主永井直圓の五男

七代

永井直行(なおゆき)

従五位下 近江守
永井直期の長男

八代

永井直珍(なおよし)

従五位下 飛騨守
永井直期の三男

九代

永井直進(なおのぶ)

従五位下 日向守
永井直珍の三男

十代

永井直与(なおとも)

従五位下 飛騨守
永井直進の長男

十一代

永井直輝(なおてる)

従五位下 飛騨守
永井直与の二男

十二代

永井直矢(なおつら)

従五位下 飛騨守
松平親良の二男

十三代

永井直諒(なおまさ)

従五位下 日向守
永井直次の三男

摂津の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る