高取藩

本多家→天領→植村家

大和高取城は、近世大名の城としては珍しい古風な山城で、天険の要害である。

高取で3万石を領していた本多俊政は、関ヶ原でも本領を安堵されるが、子の政武のときに、無嗣改易となる。

しばらく天領となるが、9千石の植村家政が1万6千石の加増を受け、2万5千石で入り、再度高取藩が成立。

植村家政は父家次の家督を継いだときには500石だったが、秀忠の小姓となり、大坂の陣で1千石加増、家光付きとなり、3千5百石加増、さらに4千石加増されて、9千石となっていた。

二代植村家貞は弟の政春に3千石、三代家言は弟政明に1千石、正澄に500石を分知し、本藩の石高は2万500石となるが、九代目植村家長は老中となって、その功で4500石を加増され、もとの2万5千石に復した。


歴代藩主

本多家

3万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多俊政(としまさ)

従五位下 因幡守
本多利久の子

二代

本多政武(まさたけ)

従五位下 因幡守
本多俊政の長男

無嗣改易

<天領>

植村家

2万5千石→2万5百石→2万5千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

植村家政(いえまさ)

従五位下 出羽守
植村家次の子

二代

植村家貞(いえさだ)

従五位下 右衛門佐
植村家政の二男

三代

植村家言(いえのぶ)

従五位下 出羽守
植村家貞の二男

四代

植村家敬(いえゆき)

従五位下 出羽守
植村家貞の長男植村政成の子

五代

植村家包(いえかね)

従五位下 出羽守
初代植村家政の四男植村政春の孫で2500石旗本植村政広の長男

六代

植村家道(いえみち)

従五位下 出羽守
植村家敬の四男

七代

植村家久(いえひさ)

従五位下 出羽守
植村家道の長男

八代

植村家利(いえとし)

従五位下 出羽守
植村家道の四男

九代

植村家長(いえまさ)

従五位下 出羽守
植村家道の二男

十代

植村家教(いえのり)

従四位下 出羽守
植村家長の三男

十一代

植村家貴(いえまさ)

従五位下 出羽守
植村家長の四男

十二代

植村家興(いえおき)

なし
肥前大村藩主大村純昌の九男

十三代

植村家保(いえもり)

従五位下 出羽守
近江膳所藩主本多康禎の五男

十四代

植村家壷(いえひろ)

従五位下 出羽守
播磨山崎藩主本多忠鄰の八男

大和の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る