篠山藩 篠山城址 all Photo By Ken究所長

松平(松井)家→松平(藤井)家→松平(形原)家→青山家

幕府は丹波篠山に新城を普請し、常陸笠間より、松平(松井)康重を5万石で入れ、篠山藩が成立する。康重は和泉岸和田へ。

上野高崎より、松平(藤井)信吉が5万石で入り、忠国に継いで播磨明石へ。

摂津高槻より、松平(形原)康信が5万石で入り、五代継いだのち、丹波亀山へ。

丹波亀山から、青山忠朝が5万石で入り、以降は青山家の支配で維新に至る。
途中青山忠裕は老中としての功で加増を受け、6万石となる。

丹波篠山城は「桐ヶ城」の別名を持ち、近年整備が進む。
(関連サイト)篠山市のホームページ

地図城内 地図市内 地図周辺


歴代藩主

松平(松井)家

常陸笠間より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(松井)康重(やすしげ)

従四位下 周防守
松平(松井)康親の長男

和泉岸和田へ

松平(藤井)家

上野高崎より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(藤井)信吉(のぶよし)

従五位下 安房守
松平(桜井)忠吉の長男で、松平(藤井)信一の嗣子となる。

二代

松平(藤井)忠国(ただくに)

従五位下 山城守
松平(藤井)信吉の長男

播磨明石へ

松平(形原)家

摂津高槻より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(形原)康信(やすのぶ)

従四位下 若狭守
松平(形原)家信の二男

二代

松平(形原)典信(すけのぶ)

従五位下 駿河守
松平(形原)康信の長男

三代

松平(形原)信利(のぶとし)

従五位下 若狭守
松平(形原)典信の二男

四代

松平(形原)信庸(のぶつね)

従四位下 紀伊守 侍従
松平(形原)典信の三男

五代

松平(形原)信岑(のぶみね)

従四位下 紀伊守
松平(形原)信庸の四男

丹波亀山へ

青山家

丹波亀山より 5万石→6万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

青山忠朝(ただとも)

従四位下 因幡守
摂津尼崎藩主青山幸督の二男

二代

青山忠高(ただたか)

従五位下 下野守
丹後宮津藩主青山幸秀の七男

三代

青山忠講(ただつぐ)

従五位下 伯耆守
青山忠高の二男

四代

青山忠裕(ただやす)

従四位下 下野守 侍従
青山忠高の三男

五代

青山忠良(ただなが)

従四位下 下野守 侍従
青山忠裕の五男

六代

青山忠敏(ただゆき)

従四位下 左京大夫
青山忠良の二男

丹波の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る