三田藩 三田陣屋跡の写真 All Photo By Ken究所長

有馬家→松平(能見)家→九鬼家

関ヶ原の行賞の結果山崎家盛が因幡若桜に移ったあと、三木から有馬則頼が2万石で入る。
子の有馬豊氏は則頼と別に丹波福知山6万石を得ていたが、則頼没後、三田2万石は有馬豊氏に併せて遺領となり、福知山藩領となる。

福知山の有馬豊氏が筑後久留米へ増転封されると、出羽上山より松平(能見)重直が3万石で入り、肥後熊本の加藤家改易に伴う細川家の肥後入りで、玉突きの結果、豊前竜王へ。

鳥羽にあった織田水軍大名の九鬼家は九鬼守隆の継嗣を巡って、三男の九鬼隆季と五男の九鬼久隆が、家中二分し争い(志摩鳥羽藩の項参照)結果、海に接した鳥羽を取り上げられ、久隆は3万6千石で摂津三田へ移され、隆季は丹波綾部へ移される。

九鬼久隆は弟筋だが、久隆を継嗣にというのは九鬼守隆の遺志であり、幕府の裁決でも三田藩の九鬼家が宗家という形になる。

その後、九鬼家の支配で維新まで続く。

九鬼隆国のとき、城主格への昇格が認められ、同時に菊間詰めとなる。

地図はこちら


歴代藩主

有馬家

播磨三木より 3万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

有馬則頼(のりより)

中務少輔
有馬重則の長男

丹波福知山藩領へ併合

<福知山藩領>

松平(能見)家

出羽上山より 3万石
譜代 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(能美)重直(しげなお)

従五位下 丹後守
下総古河〜信濃飯田〜信濃松本藩主小笠原秀政の三男

豊前竜王〜豊後高田〜豊後杵築へ

九鬼家

志摩鳥羽より 3万6千石
外様 柳間→菊間 陣屋→城主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

九鬼久隆(ひさたか)

従五位下 大和守
九鬼守隆の五男

二代

九鬼隆昌(たかまさ)

従五位下 長門守
九鬼久隆の長男

三代

九鬼隆律(たかのり)

従五位下 和泉守
因幡鳥取藩主池田光仲の三男

四代

九鬼副隆(すえたか)

従五位下 長門守
大和柳生藩主柳生宗冬の長男柳生宗春の二男

五代

九鬼隆久(たかひさ)

従五位下 大和守
大和柳生藩主柳生宗存の二男

六代

九鬼隆抵(たかやす)

従五位下 丹後守
戸田忠章(忠定)の二男

七代

九鬼隆由(たかより)

従五位下 伊勢守
丹波綾部藩主九鬼隆寛の三男

八代

九鬼隆邑(たかむら)

従五位下 長門守
丹波綾部藩主九鬼隆寛の四男

九代

九鬼隆張(たかはる)

従五位下 長門守
九鬼隆邑の長男

十代

九鬼隆国(たかくに)

従五位下 和泉守
九鬼隆張の長男

十一代

九鬼隆徳(たかのり)

従五位下 長門守
九鬼隆国の長男

十二代

九鬼精隆(きよたか)

従五位下 長門守
九鬼隆徳の長男

十三代

九鬼隆義(たかよし)

従五位下 長門守
丹波綾部藩主九鬼隆都の三男

摂津の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る